歯周炎 歯肉炎

歯周病(歯槽膿漏)には大きく分けて歯肉炎と歯周炎があり、歯肉炎から歯周炎と症状が進行していきます。なので歯肉炎の段階で歯科に行くと治りが早いのです。

 

ただ初期症状がないので歯肉炎の段階で気づかない人がほとんどです。

 

歯肉炎は歯茎が腫れたり、歯磨きで出血した場合がそうです。この段階の歯茎の腫れは痛みをあまり感じず、また出血もそんなに目立つほどではなかったりしますのでなかなか歯肉炎を感じることはありません。

 

少しでも出血した時に歯科に行けば早めに完治しますし、これからの予防もできます。

 

歯周病はプラークによって歯周組織が溶かされてしまったために歯がぐらぐらしたり、ひどい人になると歯が長く見えて出っ歯に見えるようになってしまうことをいいます。

 

こうなると慢性歯周炎といって何回もなってしまいます。

 

歯周炎にはいくつか細かく分けることができ、その中には成人性歯周円と呼ばれる一般の人がなる歯周炎があります。

 

他にも思春期前歯周炎や難治性歯周炎などとよばれる歯周炎の体質によって名前がことなります。

 

歯周炎は歯周病の手前ということもあってほっておく人が多いですが、もうこの段階で溶け始めてしまってるので歯が抜けてしまう場合もあります。

 

そして取り返しのつかない状態になってしまいかねますので注意が必要なのです。

page top