歯周病 感染

歯周病が原因でほかの病気になる可能性があります。

 

ほとんどの人が大丈夫のようですが、歯周病菌は感染しますので他の病気になる可能性があるという認識が必要です。だからこそ歯周病の早期治療がすすめられるのです。

 

まずは歯周病で肺炎になる場合があります。

 

もちろん歯周病の原因の細菌は肺に入りやすいものがあります。唾液や呼吸などから間違って肺に入ってしまう場合があるのです。他にも心臓病もその一つです。

 

感染症に対する抵抗力が落ちてる場合が多いので、その血液の中に細菌が入り心臓の血管壁に炎症を起こして心臓病になってしまう可能性は否定できません。また妊婦さんで歯周病の為に早産になってしまう可能性が高いといわれています。

 

低出生体重児が生まれる確率が歯周病の妊婦さんから7倍くらい高くなるといわれていますので歯周病には注意したいものです。特に妊婦期間はホルモンの関係から口の中の細菌も増えやすいので注意しましょう。

 

またエイズウィルスも増えやすくなるというデータも出ています。あくまでも危険性なのでそうなるという確率はないのですが、そういったエイズの原因に歯周病があるという実はとてもおそろしいものなのだということを覚えておく必要はあるかもしれません。

page top