歯周病 チェック

歯周病は初期段階ではほとんど自覚症状がありません。なのでどこまでの自覚症状がでたら歯周病とよばれるものになるのか、歯科にいったらいいのか簡単にチェックしましょう。

 

歯周病は甘く見るとあとで怖い病気です。歯茎からバイ菌が入って他の病気になってしまう人も多くいます。なのでこれくらい大丈夫というのはありません。少しでも心配になったら歯科にいってしっかり治療してもらいましょう。

 

まずは歯茎から出血したことがある人。

 

よく林檎を食べたら出血した、などというCMがありましたが、物を食べて出血する、歯磨きをして出血する人は要注意です。歯周病ではなくてもその前の段階の可能性も高いです。

 

口臭が気になる人も歯周病の可能性があります。歯周病の細菌は繁殖細菌ですのでかなり強烈なにおいがする場合があります。その細菌のせいで口がネバネバする人も可能性大です。

 

あとは歯茎が腫れていたり色が変わったりした人もそうです。そして歯茎が痛い、または硬いものを噛むと痛いのもそうです。それを超えると歯がぐらぐらしてきます。そうなってくるともういよいよ歯周病が原因が多くあります。

 

あとは糖尿病になってる人は歯周病になっているというデータもあるようなので糖尿病の人は特に気をつけましょう。

 

歯周病は初期段階で治せば早く治る病気です。また自分の歯磨きの癖なども見直せるチャンスですので、少しでも可能性があると感じた人は歯科に行きましょう。

page top