歯周病 治療

実際に歯周病(歯槽膿漏)になってしまった場合には治療をしなければなりません。まずは歯周病の精密検査をします。

 

歯周ポケットよばれる歯茎と歯の間の検査やレントゲン、噛み合わせのチェック、歯の安定感など細かくみてくれます。

 

その歯周病の具合により治療は異なりますが、まずは歯の表面のプラークを除去します。

 

プラークの除去などは歯科でなく助手の方でもすることができるので手軽に予約ができると思います。普段からプラークの除去に伺えれば歯周病にもなりにくくなりますのでいいです。

 

その後検査から分かった歯周病の原因の歯茎の中にあるプラークを除去します。歯茎はとても敏感な部分なのでこのプラークの除去は麻酔を打って行います。特に中に入ってる汚い細菌を取り出し、殺菌をします。

 

虫歯などがある場合はこの時に一緒に治療することが多いです。その治療の結果をまた検査し、炎症が改善されていれば終了です。しかし実際に歯周病の原因は大きく歯磨きにもありますのでブラッシングの指導を受けることが多いです。

 

ブラッシングが丁寧になれば歯周病の予防に大きく貢献できるので手を抜かないことです。

page top