歯周病予防

歯周病の予防に一番聞くのはブラッシングですがもうひとつ大切なのが生活習慣病などの改善です。

 

食事療法はもちろんですが、物をよく噛む事で唾液が出て殺菌を洗い流してくれたりとか、噛むことによって満腹中枢が刺激されて食べすぎを防いでくれるので肥満や糖尿病予防などにもつながります。

 

意外ですが噛む事で栄養をきちんと取ることができ、免疫力もあがります。そうすると細菌に強くなり歯周病を予防してくれるのです。糖尿病からくる歯周病も多いので特に気をつける必要があります。

 

今の日本は現代病の多い社会になっています。柔らかいものを好んで食べることや欧米化した食生活で生活習慣病の人が増えています。

 

そういったことから歯周病も増えてきているのは少し意外かもしれません。

 

しかしよく噛んで食べることから生活習慣病から歯周病まで予防してくれるので普段の生活に取り入れることをお勧めします。

 

特に片側だけを使ってかむのではなく、両側を使う事で脳の活性化にもつながりますし、顔のバランスが整い、美容にも役立ちますよ。

page top