虫歯 歯周病

虫歯は子供から大人までほとんどの人が経験する歯の病気です。

 

食後に毎回歯を磨いていても、ただ漫然と磨くだけでは虫歯は予防できません。けどこれが意外に知られていないようです。

 

歯周病も同様ですが、歯周病は虫歯とは少し違う種類の細菌が引き起こす一種の感染症です。決して年齢からくる老化現象ではないのです。

 

それでは歯周病はどうして起きるのでしょうか?

 

歯周病は、歯の表面に付着する細菌が原因で発症して、全身の様々な症状を引き起こす怖い病気です。

 

細菌の進入ルートは歯茎の炎症部分なのですが、進入した細菌が体内の血管から全身に広がっていくためにいろんな症状が引き起こされるのです。

 

歯周病の症状ですが、歯茎が炎症状態になると出血や膿が見られ、体の抵抗力が低下した時は腫れなどを繰り返すこともあります。そして歯周病の怖さは、このような痛みや腫れなどの自覚症状がなくても症状が進行してしまう場合があることです。

 

いかがでしょうか?

 

「歯磨きさえしてれば大丈夫!」というほどお口のケアは単純なものではないことがおわかりいただけたことと思います。正しいデンタルケアで健康的な毎日を送りたいものですね。

page top