歯周病 歯槽膿漏

歯周病は歯槽膿漏と呼ばれ大きく分けると歯肉炎と歯周炎にわけられます。

 

歯槽膿漏は歯茎の根っこの中の歯槽骨から細菌が入り膿がでてきます。血が出たり、痛みを伴うものもありますが最終的に歯茎がぼろぼろになってしまうという恐ろしい病気です。

 

しかも初期症状がよくわからなく、ひどくなり修正ができなくなってから気づくことが多いのでとてもやっかいな病気です。

 

歯槽膿漏の原因はプラークとよばれる虫歯などの原因にもなる汚れからきます。プラークはついてしまうとなかなかとることができませんので歯科でしっかりとってもらわないといけません。

 

めんどくさくなりとらずにいるとプラークは石灰化していまいさらに大変なことになります。

 

一度歯茎がぼろぼろになると歯もぼろぼろになり治療に長く時間がとられます。そうなってくるとよく噛めなかったり、噛み合わせが悪くなったりと精神的にもかなりきつい状態になりますので早めの診察が必要です。

 

歯槽膿漏はお年寄りに多いと考えてる方も多くいらっしゃると思いますが、その初期段階にいたっては若い人が半数以上歯肉炎などにかかっているという統計がでています。

 

他人事ではありません。ちょっとした異変を感じたら一度歯科で検査をしてもらうほうがいいでしょう。

page top