若年性歯周病

歯周病にいくつか種類がありますが、その中でも注意した方がいいのが若年性歯周炎と呼ばれる歯周病です。

 

歯周病の原因はプラークや細菌ですが、そんなに歯垢などが溜まってないのにも関わらず進行が早く重症の歯周病になってしまうものです。

 

特に若い人に見られることから若年性歯周炎と呼ばれる様になりました。

 

歯科によって区別は異なりますが20歳以下でそう呼ばれる場合ともっと年齢がいっているけれども歯周炎の進行の早さからそう呼ぶ場合もあります。しかし多くは思春期前後に発症することが多いのが特徴です。

 

どちらにしろ若年性歯周炎は損傷が大きく、歯茎の破壊が著しくみられます。

 

中には歯がすぐに抜けてしまったり歯茎の腫れや歯茎の色が異様な場合が多いので歯科に早めに行った方がいいでしょう。

 

若年性歯周炎になる人は抵抗力が弱ってる人が多く、プラークや細菌がそう多くなくても歯周病が進みやすいのです。

 

しかし原因のほとんどはプラークや細菌です。歯のケアを怠らないことが一番の予防になると言われています。

 

[PR]ドルツの音波歯ブラシで歯垢を分解!

page top