若年性歯周病

歯周病にいくつか種類がありますが、その中でも注意した方がいいのが若年性歯周炎と呼ばれる歯周病です。

 

歯周病の原因はプラークや細菌ですが、そんなに歯垢などが溜まってないのにも関わらず進行が早く重症の歯周病になってしまうものです。

 

特に若い人に見られることから若年性歯周炎と呼ばれる様になりました。

 

歯科によって区別は異なりますが20歳以下でそう呼ばれる場合ともっと年齢がいっているけれども歯周炎の進行の早さからそう呼ぶ場合もあります。しかし多くは思春期前後に発症することが多いのが特徴です。

 

どちらにしろ若年性歯周炎は損傷が大きく、歯茎の破壊が著しくみられます。

 

中には歯がすぐに抜けてしまったり歯茎の腫れや歯茎の色が異様な場合が多いので歯科に早めに行った方がいいでしょう。

 

若年性歯周炎になる人は抵抗力が弱ってる人が多く、プラークや細菌がそう多くなくても歯周病が進みやすいのです。

 

しかし原因のほとんどはプラークや細菌です。歯のケアを怠らないことが一番の予防になると言われています。

 

[PR]ドルツの音波歯ブラシで歯垢を分解!

関連ページ

薬で歯周病を治す
デンタルケアや審美歯科など、歯に関する情報の総合サイト。虫歯や歯周病の治療法から、ホワイトニングやインプラントなどの歯の矯正や審美歯科関係についても解説。歯の健康に関する情報など、デンタルケアのお役立ち情報が満載です。
歯周病と歯槽膿漏について
歯周病は歯槽膿漏と呼ばれ大きく分けると歯肉炎と歯周炎にわけられます。歯槽膿漏は歯茎の根っこの中の歯槽骨から細菌が入り膿がでてきます。血が出たり、痛みを伴うものもありますが最終的に歯茎がぼろぼろになってしまうという恐ろしい病気です。
歯周病菌の検査
歯周病の原因の歯周病菌には5種類の細菌があると言われています。その5種類の歯周病菌によって歯周病の診断や治療が変わってきます。なので歯周病菌を検査することは歯周病を治療するにあたってとっても大切な工程になります。
虫歯と歯周病
歯周病は、歯の表面に付着する細菌が原因で発症して、全身の様々な症状を引き起こす怖い病気です。細菌の進入ルートは歯茎の炎症部分なのですが、進入した細菌が体内の血管から全身に広がっていくためにいろんな症状が引き起こされるのです。
歯周病予防は食事を噛むことから
歯周病の予防に一番聞くのはブラッシングですがもうひとつ大切なのが生活習慣病などの改善です。物をよく噛む事で唾液が出て殺菌を洗い流し、満腹中枢が刺激されて肥満や糖尿病予防などにもつながります。
歯周病の予防は歯磨きから
歯周病の予防の一番は正しい歯磨きが効果的です。プラークと呼ばれる歯垢を取り除くことで歯周病を予防できるからです。歯ブラシは鉛筆と同じ持ち方で歯ブラシと歯が90度になるように当てて力を入れずに磨きます。
歯周病の治療はレーザー治療で
レーザー治療では細い先端で従来の歯周病菌の殺菌の器具より奥の部分を殺菌できるようになりました。また、レーザー治療は痛みが少ないことと殺菌力が強いことに加えて殺菌範囲が広くできることができるようになりました。
歯周病の治療
実際に歯周病(歯槽膿漏)になってしまった場合には治療をしなければなりません。まずは歯周病の精密検査をします。歯周ポケットよばれる歯茎と歯の間の検査やレントゲン、噛み合わせのチェック、歯の安定感など細かくみてくれます。その歯周病の具合により治療は異なりますが、まずは歯の表面のプラークを除去します。
歯周病に有効なのは歯磨き粉か?
今歯周病の予防のために軒並み歯磨き粉がたくさん売られる様になりました。歯周病の疑いがある人(出血や歯茎の腫れがある場合)はどうしても歯磨き粉などで歯周病の予防や進行をとめようとしますが、実際に歯磨き粉は歯周病に有効と言えるのでしょうか。
歯周病チェック
歯周病は初期段階ではほとんど自覚症状がありません。なのでどこまでの自覚症状がでたら歯周病とよばれるものになるのか、歯科にいったらいいのか簡単にチェックしましょう。
歯周病からの病気
歯周病が原因でほかの病気になる可能性があります。ほとんどの人が大丈夫のようですが、歯周病菌は感染しますので他の病気になる可能性があるという認識が必要です。だからこそ歯周病の早期治療がすすめられるのです。
歯周炎と歯肉炎
歯周病(歯槽膿漏)には大きく分けて歯肉炎と歯周炎があり、歯肉炎から歯周炎と症状が進行していきます。なので歯肉炎の段階で歯科に行くと治りが早いのです。