オーラルケア

今ちまたではオーラルケアという言葉をよく耳にします。

 

たぶんオーラルケアは歯科に関係してることなんだろうな、なんて思う人も多いと思いますがオーラルケアとはいったいなんでしょう。

 

オーラルケアは簡単に言えば口の中を清潔に保つことです。なのでオーラルケアは歯に関することはもちろん、口臭、知覚過敏、歯槽膿漏、ホワイトニング、すべてにおいて関係してくることなのです。

 

しかしほとんどのオーラルケアは口の中が不清潔になるのはプラークと呼ばれる食べ物の付着や細菌などから起こるものが多く、いかにブラッシングや歯磨きというものが重要かわかってくると思います。

 

オーラルケアといっても自分でできる歯磨きだったり舌の掃除だったりしますが、歯医者さんで歯石や歯垢をとってもらったり虫歯の検診をしてもらうことも含まれています。なので普段から歯をほっておかずに毎日続けることが大事です。

 

どんなにおしゃれできれいな人でもオーラルケアができないと幻滅されてしまいます。
歯がきれいなだけで印象がかなり変わってきます。

 

そういった意味でもこれから更にオーラルケアに力を入れる人たちが増えてくるのではないでしょうか。

page top