虫歯予防 フッ素

子供の検診などでよく歯科検診のほかにフッ素を塗ってもらう事があります。

 

他にもフッ素入りの歯磨き粉やガムまで発売されていますが、いったいフッ素とは虫歯予防にどんな影響があるのでしょうか。

 

虫歯が発生するのには微生物が細菌や酸などを醗酵しそのことによって歯面のカルシウムが削れたり溶けたりしてしまうことです。それをフッ素を塗ることにより歯面の結晶とからみあって細菌や酸に溶けにくくしてくれるのです。

 

このことからフッ素は歯をコーティングしているように見えますが、実際には自分の歯の中で化学反応してることになるのです。

 

小さい子供が歯磨きが行き届かなかったり、虫歯になりやすい人などはフッ素を歯科でもすすめられると思います。

 

しかし実際にフッ素事態はあまり評判がよいものではなく、必ず子供にする場合にでも親の了解を得てすることが多いです。なぜならフッ素は高度のものになると人の体も侵食する強い薬なんです。

 

イヤな印象を持っている人はフッ素コーティングなどはしないと思います。

 

実際に影響がでている件数はそんなにないですし、フッ素事態は日本茶などにも含まれる自然なものです。

 

なのであまり多量に摂取しなければ影響もないですし、歯を侵食するリスクを考えるとフッ素を塗っておく方が安全という考え方もある気がします。

関連ページ

歯科医院での無痛治療
歯茎に麻酔をするのは何となく怖いものです。そんなつらさをなくすのが無痛治療です。ただ、今では麻酔の針も細くなったのでそれほど痛みを感じないと思います。
親知らずを抜くということ
親知らずは何かと嫌なイメージもあります。抜くのが痛いからといって放っておくと余計に症状がひどくなるので早めに治療しましょう。
親知らずは放っておかずに必ず歯科医を受診しましょう!
親知らずは痛いというイメージしかありませんが、を放っておくと炎症がすすみ口が開けられなくくらい痛みがひどくなってきます。痛みを少しでも感じたら必ず歯科医を受診しましょう!
子供の虫歯
子供が虫歯になる原因もいろいろありますが、親からの感染もその一つです。なので、小さいうちから虫歯予防を考える必要があります。そんな子供の虫歯予防にはフッ素がおススメです。
前歯の虫歯治療について
前歯は意外と虫歯になりやすいところで、特に隣の歯と歯の間の虫歯が多いようです。それから歯と歯茎との境目や裏側も虫歯になりやすいと言われています。なので、歯ブラシだけだとなかなか歯の隙間に入っていかないので、歯磨き後にフロスなどを使って歯間の手入れをする必要があります。
口腔ケア
口腔ケアは専門家だけではなく自宅でもできます。口の中を掃除する円形のブラシや舌苔を取るグッズなど道具を用いたり咬筋をマッサージすることで改善できます。
オーラルケアとは
オーラルケアは簡単に言えば口の中を清潔に保つことです。なのでオーラルケアは歯に関することはもちろん、口臭、知覚過敏、歯槽膿漏、ホワイトニング、すべてにおいて関係してくることなのです。
PMTCという虫歯予防
PMTCはクリーニングだけでなく虫歯予防や歯周病の予防や改善、きれいな歯を保つなどのメリットがあります。痛みがなく、早く終わるので虫歯予防にはとても魅力的です。