口腔ケア

口腔ケアという言葉をよく聞くようになりました。お年寄りを中心としたケアですが、病院でも多く取り入れています。

 

口腔ケアは口の中を洗浄する意味をさしますが、ここ近年では口だけでなく歯をケアも含まれる事が多いです。口の中を清掃することで口が原因でなる病気を改善できるからなのです。

 

では口腔ケアの目的としてはなにがあるのかというと誤嚥性肺炎の予防、口腔疾患の予防などがあげられます。

 

誤嚥性肺炎という名前はあまり耳にしませんが、肺炎の一種で原因が口の中の細菌や胃の細菌などが肺に入って炎症を引き起こすという原因がはっきりしてるものなのです。

 

なので免疫力が落ちているお年寄りなどはなりやすく、注意が必要です。中には命にかかわるような場合もありますのであなどれない病気です。

 

口腔ケアは専門家が口の中を清掃してくれるのはもちろん、家でもできます。

 

口の中を掃除する円形のブラシや舌苔を取るグッズなど道具を用いたり咬筋をマッサージすることで改善できます。

 

口の中の菌はだいたいがプラークなど食べ物の残りが取れてない場合が多いので中を掃除することでだいぶ改善されます。

 

口腔ケアについてはお年寄りの中には口も開けられない状態の人も多くいるため、まずは専門家に相談することをお勧めします。そののち家族ができることがわかってくると思います。

page top