前歯 虫歯

前歯は意外と虫歯になりやすいところで、特に隣の歯と歯の間の虫歯が多いようです。それから歯と歯茎との境目や裏側も虫歯になりやすいと言われています。

 

なので、歯ブラシだけだとなかなか歯の隙間に入っていかないので、歯磨き後にフロスなどを使って歯間の手入れをする必要があります。

 

フロスが使いにくいときは歯間ブラシを使うといいでしょう。子供にはこちらの方が使いやすいかもしれません。

 

それで、フロスを使ったときになんか引っかかるなと感じたりしたときは少し注意してください。その時は虫歯になっている可能性もあります。

 

前歯の虫歯ですが、深さにもよりますがあんまり深いと差し歯にしないといけなくなります。また、差し歯にするくらい深い虫歯で神経を抜かないで治療すると、今度は熱いものや冷たいものなどでかなりしみてくるようになります。風でしみる人もいるくらいです。

 

そのため、一度は神経を抜かずに治療しても、しみたりする具合の悪さにまた差し歯や詰め物を外して神経をとる治療をすることになります。なので、先生の治療方針にもよるとは思いますが、二度手間になるよりは初めから神経を取る治療をした方がいい場合もあります。

 

けど、神経を取るのには少し抵抗がありますよね。なるだけならこんな治療はしたくないものです。神経を取ると歯自体も年数とともにもろくなってしまいます。

 

なにはともあれ、虫歯にならないように前歯に限らず奥歯まで毎日ケアすることが大切です。万が一神経を取るような治療をしなければいけなくなった時は納得がいくまで先生とお話をすることです。

 

きちんと先生に説明をしてもらって治療しましょう。

page top