前歯 虫歯

前歯は意外と虫歯になりやすいところで、特に隣の歯と歯の間の虫歯が多いようです。それから歯と歯茎との境目や裏側も虫歯になりやすいと言われています。

 

なので、歯ブラシだけだとなかなか歯の隙間に入っていかないので、歯磨き後にフロスなどを使って歯間の手入れをする必要があります。

 

フロスが使いにくいときは歯間ブラシを使うといいでしょう。子供にはこちらの方が使いやすいかもしれません。

 

それで、フロスを使ったときになんか引っかかるなと感じたりしたときは少し注意してください。その時は虫歯になっている可能性もあります。

 

前歯の虫歯ですが、深さにもよりますがあんまり深いと差し歯にしないといけなくなります。また、差し歯にするくらい深い虫歯で神経を抜かないで治療すると、今度は熱いものや冷たいものなどでかなりしみてくるようになります。風でしみる人もいるくらいです。

 

そのため、一度は神経を抜かずに治療しても、しみたりする具合の悪さにまた差し歯や詰め物を外して神経をとる治療をすることになります。なので、先生の治療方針にもよるとは思いますが、二度手間になるよりは初めから神経を取る治療をした方がいい場合もあります。

 

けど、神経を取るのには少し抵抗がありますよね。なるだけならこんな治療はしたくないものです。神経を取ると歯自体も年数とともにもろくなってしまいます。

 

なにはともあれ、虫歯にならないように前歯に限らず奥歯まで毎日ケアすることが大切です。万が一神経を取るような治療をしなければいけなくなった時は納得がいくまで先生とお話をすることです。

 

きちんと先生に説明をしてもらって治療しましょう。

関連ページ

歯科医院での無痛治療
歯茎に麻酔をするのは何となく怖いものです。そんなつらさをなくすのが無痛治療です。ただ、今では麻酔の針も細くなったのでそれほど痛みを感じないと思います。
親知らずを抜くということ
親知らずは何かと嫌なイメージもあります。抜くのが痛いからといって放っておくと余計に症状がひどくなるので早めに治療しましょう。
親知らずは放っておかずに必ず歯科医を受診しましょう!
親知らずは痛いというイメージしかありませんが、を放っておくと炎症がすすみ口が開けられなくくらい痛みがひどくなってきます。痛みを少しでも感じたら必ず歯科医を受診しましょう!
子供の虫歯
子供が虫歯になる原因もいろいろありますが、親からの感染もその一つです。なので、小さいうちから虫歯予防を考える必要があります。そんな子供の虫歯予防にはフッ素がおススメです。
口腔ケア
口腔ケアは専門家だけではなく自宅でもできます。口の中を掃除する円形のブラシや舌苔を取るグッズなど道具を用いたり咬筋をマッサージすることで改善できます。
フッ素で虫歯予防
フッ素は歯面の結晶とからみあって細菌や酸に溶けにくくして虫歯になりにくい歯にしてくれます。
オーラルケアとは
オーラルケアは簡単に言えば口の中を清潔に保つことです。なのでオーラルケアは歯に関することはもちろん、口臭、知覚過敏、歯槽膿漏、ホワイトニング、すべてにおいて関係してくることなのです。
PMTCという虫歯予防
PMTCはクリーニングだけでなく虫歯予防や歯周病の予防や改善、きれいな歯を保つなどのメリットがあります。痛みがなく、早く終わるので虫歯予防にはとても魅力的です。