子供 虫歯

歯が生え始めた子供でも虫歯になることがあります。もちろん甘いものをまだ食べない1歳という月齢でなる子もいるようです。

 

そうなってくると実際に歯を削るという治療は幼児にはできないのでもちろんこれ以上虫歯にならないように薬で対処するしかありません。

 

1歳の子供が虫歯になる原因は親からの細菌の感染や母乳など飲んでそのまま寝てしまうなどという理由があります。

 

親がごはんをあげるときにフーフーとするのにも最近がうつる場合があります。母乳を飲んでいる子は大半虫歯にならないのですが、まれに飲んだまま寝てしまう事で虫歯になりやすくなってしまうことがあります。

 

また3歳と甘い物やジュースを飲めるようになると途端に虫歯になる率がぐっとあがります。なので、歯ブラシをこの時期にはしっかり習慣づけることが大切です。

 

自分で磨きたがる好奇心旺盛の時期ですが自分で磨いたあとにちゃんと親が磨くという習慣を朝と昼につけたいものです。ここで習慣つくと後々にまでいい影響があります。

 

さらにおおきくなると自分で歯ブラシも上手に磨けるようになります。しかしある程度親がチェックをしてあげて仕上げ磨きはまだまだ必要です。

 

また甘いものを隠れて食べたりと子どもが器用になってくると大変です。親が管理できる範囲はいいですが、そうでない場合もあるので一番は歯ブラシの習慣を親子でもっていくことなのかな、と思います。

 

そして1歳から検診の時にフッ素をしてもらえると思います。1年に1回はフッ素をするといいそうです。

 

子供は自治体にもよりますがフッ素が無料でできるところが多くあります。そうすれば子供の歯のケアも充実して虫歯予防に効果をあげることになるでしょう。

page top