子供 虫歯

歯が生え始めた子供でも虫歯になることがあります。もちろん甘いものをまだ食べない1歳という月齢でなる子もいるようです。

 

そうなってくると実際に歯を削るという治療は幼児にはできないのでもちろんこれ以上虫歯にならないように薬で対処するしかありません。

 

1歳の子供が虫歯になる原因は親からの細菌の感染や母乳など飲んでそのまま寝てしまうなどという理由があります。

 

親がごはんをあげるときにフーフーとするのにも最近がうつる場合があります。母乳を飲んでいる子は大半虫歯にならないのですが、まれに飲んだまま寝てしまう事で虫歯になりやすくなってしまうことがあります。

 

また3歳と甘い物やジュースを飲めるようになると途端に虫歯になる率がぐっとあがります。なので、歯ブラシをこの時期にはしっかり習慣づけることが大切です。

 

自分で磨きたがる好奇心旺盛の時期ですが自分で磨いたあとにちゃんと親が磨くという習慣を朝と昼につけたいものです。ここで習慣つくと後々にまでいい影響があります。

 

さらにおおきくなると自分で歯ブラシも上手に磨けるようになります。しかしある程度親がチェックをしてあげて仕上げ磨きはまだまだ必要です。

 

また甘いものを隠れて食べたりと子どもが器用になってくると大変です。親が管理できる範囲はいいですが、そうでない場合もあるので一番は歯ブラシの習慣を親子でもっていくことなのかな、と思います。

 

そして1歳から検診の時にフッ素をしてもらえると思います。1年に1回はフッ素をするといいそうです。

 

子供は自治体にもよりますがフッ素が無料でできるところが多くあります。そうすれば子供の歯のケアも充実して虫歯予防に効果をあげることになるでしょう。

関連ページ

歯科医院での無痛治療
歯茎に麻酔をするのは何となく怖いものです。そんなつらさをなくすのが無痛治療です。ただ、今では麻酔の針も細くなったのでそれほど痛みを感じないと思います。
親知らずを抜くということ
親知らずは何かと嫌なイメージもあります。抜くのが痛いからといって放っておくと余計に症状がひどくなるので早めに治療しましょう。
親知らずは放っておかずに必ず歯科医を受診しましょう!
親知らずは痛いというイメージしかありませんが、を放っておくと炎症がすすみ口が開けられなくくらい痛みがひどくなってきます。痛みを少しでも感じたら必ず歯科医を受診しましょう!
前歯の虫歯治療について
前歯は意外と虫歯になりやすいところで、特に隣の歯と歯の間の虫歯が多いようです。それから歯と歯茎との境目や裏側も虫歯になりやすいと言われています。なので、歯ブラシだけだとなかなか歯の隙間に入っていかないので、歯磨き後にフロスなどを使って歯間の手入れをする必要があります。
口腔ケア
口腔ケアは専門家だけではなく自宅でもできます。口の中を掃除する円形のブラシや舌苔を取るグッズなど道具を用いたり咬筋をマッサージすることで改善できます。
フッ素で虫歯予防
フッ素は歯面の結晶とからみあって細菌や酸に溶けにくくして虫歯になりにくい歯にしてくれます。
オーラルケアとは
オーラルケアは簡単に言えば口の中を清潔に保つことです。なのでオーラルケアは歯に関することはもちろん、口臭、知覚過敏、歯槽膿漏、ホワイトニング、すべてにおいて関係してくることなのです。
PMTCという虫歯予防
PMTCはクリーニングだけでなく虫歯予防や歯周病の予防や改善、きれいな歯を保つなどのメリットがあります。痛みがなく、早く終わるので虫歯予防にはとても魅力的です。