親知らず 痛み

親知らずで歯科に行かない人はいないでしょう。親知らずは痛みも伴う場合がほとんどですが、痛みを我慢しているとさらに大変なことになってしまいます。

 

それではいったい親知らずというのはどんなものなのでしょうか。

 

親知らずは生えてくる時に必ず親知らず周辺が腫れてきます。それとともに痛みが出てくるのですが、だんだん口をあけられないくらい炎症がひどくなります。

 

そうしていくと感染が顎の下に広がり、顔が腫れたり発熱や倦怠感などがひどくなります。

 

もうこの時点で治療にいかないと後々ひどいことになります。この時点で診療した場合は歯科ではなく口腔外科に行くことになります。

 

最悪のケースは親知らずの炎症が心臓まで達して痛くなる場合です。

 

親知らずの痛みは親知らずの細菌の炎症からきています。早くから親知らずの治療をしておくとそこまでひどくなりません。

 

痛みを少しでも感じた段階で歯科にいかないと、歯とはいえ大変なことになってしまうのです。

 

親知らずは抜かないといけないという考えがあると思いますが、実際には抜く場合は炎症がひどかったり、虫歯になりやすい場所に生えてきたりした場合のみです。

 

虫歯になっても歯の働きをしてる場合は虫歯の治療して残す場合もあります。

関連ページ

歯科医院での無痛治療
歯茎に麻酔をするのは何となく怖いものです。そんなつらさをなくすのが無痛治療です。ただ、今では麻酔の針も細くなったのでそれほど痛みを感じないと思います。
親知らずを抜くということ
親知らずは何かと嫌なイメージもあります。抜くのが痛いからといって放っておくと余計に症状がひどくなるので早めに治療しましょう。
子供の虫歯
子供が虫歯になる原因もいろいろありますが、親からの感染もその一つです。なので、小さいうちから虫歯予防を考える必要があります。そんな子供の虫歯予防にはフッ素がおススメです。
前歯の虫歯治療について
前歯は意外と虫歯になりやすいところで、特に隣の歯と歯の間の虫歯が多いようです。それから歯と歯茎との境目や裏側も虫歯になりやすいと言われています。なので、歯ブラシだけだとなかなか歯の隙間に入っていかないので、歯磨き後にフロスなどを使って歯間の手入れをする必要があります。
口腔ケア
口腔ケアは専門家だけではなく自宅でもできます。口の中を掃除する円形のブラシや舌苔を取るグッズなど道具を用いたり咬筋をマッサージすることで改善できます。
フッ素で虫歯予防
フッ素は歯面の結晶とからみあって細菌や酸に溶けにくくして虫歯になりにくい歯にしてくれます。
オーラルケアとは
オーラルケアは簡単に言えば口の中を清潔に保つことです。なのでオーラルケアは歯に関することはもちろん、口臭、知覚過敏、歯槽膿漏、ホワイトニング、すべてにおいて関係してくることなのです。
PMTCという虫歯予防
PMTCはクリーニングだけでなく虫歯予防や歯周病の予防や改善、きれいな歯を保つなどのメリットがあります。痛みがなく、早く終わるので虫歯予防にはとても魅力的です。