親知らず 痛み

親知らずで歯科に行かない人はいないでしょう。親知らずは痛みも伴う場合がほとんどですが、痛みを我慢しているとさらに大変なことになってしまいます。

 

それではいったい親知らずというのはどんなものなのでしょうか。

 

親知らずは生えてくる時に必ず親知らず周辺が腫れてきます。それとともに痛みが出てくるのですが、だんだん口をあけられないくらい炎症がひどくなります。

 

そうしていくと感染が顎の下に広がり、顔が腫れたり発熱や倦怠感などがひどくなります。

 

もうこの時点で治療にいかないと後々ひどいことになります。この時点で診療した場合は歯科ではなく口腔外科に行くことになります。

 

最悪のケースは親知らずの炎症が心臓まで達して痛くなる場合です。

 

親知らずの痛みは親知らずの細菌の炎症からきています。早くから親知らずの治療をしておくとそこまでひどくなりません。

 

痛みを少しでも感じた段階で歯科にいかないと、歯とはいえ大変なことになってしまうのです。

 

親知らずは抜かないといけないという考えがあると思いますが、実際には抜く場合は炎症がひどかったり、虫歯になりやすい場所に生えてきたりした場合のみです。

 

虫歯になっても歯の働きをしてる場合は虫歯の治療して残す場合もあります。

page top