親知らず 抜歯

親知らずの治療では抜歯が一番確実な治療です。

 

生え方にもよりますが、親知らずはどうしてもどこかで炎症を起こしたり前の歯にぶつかって悪い影響を与えることが多いからです。なので、一度抜いておけば一生親知らずの危険から心配がなくなるので抜くのが一番というわけです。

 

しかし、親知らずを抜く時は「痛くてたまらない」と言った人が多いように、抜歯は簡単ではありません。

 

親知らずを抜いた後に、術後の腫れや傷がなかなかふさがらない・顎の感覚の違和感など、こんな症状で苦しんだことはありませんか?

 

なかには上顎洞への感染で鼻が炎症を起こした、人もまれにいるようです。

 

一時的に術後にこのような症状で悩む人は多いかもしれませんが、2〜3日で治まらない時は抜歯をした歯科できちんと相談しましょう。

 

そして術後は安静にすること、傷口の消毒に歯科に通うこと、口をゆすいでかさぶたを取らないことなど自分でも気をつけることはありますので歯科とよく相談しましょう。

 

親知らずはやっかいなイメージもありますが、きちんとすることで大きな事にはなりません。

 

親知らずを抜くのが怖いからと言ってほっておかずに、少しでも違和感がでてきたら歯科にきちんといきましょう。

関連ページ

歯科医院での無痛治療
歯茎に麻酔をするのは何となく怖いものです。そんなつらさをなくすのが無痛治療です。ただ、今では麻酔の針も細くなったのでそれほど痛みを感じないと思います。
親知らずは放っておかずに必ず歯科医を受診しましょう!
親知らずは痛いというイメージしかありませんが、を放っておくと炎症がすすみ口が開けられなくくらい痛みがひどくなってきます。痛みを少しでも感じたら必ず歯科医を受診しましょう!
子供の虫歯
子供が虫歯になる原因もいろいろありますが、親からの感染もその一つです。なので、小さいうちから虫歯予防を考える必要があります。そんな子供の虫歯予防にはフッ素がおススメです。
前歯の虫歯治療について
前歯は意外と虫歯になりやすいところで、特に隣の歯と歯の間の虫歯が多いようです。それから歯と歯茎との境目や裏側も虫歯になりやすいと言われています。なので、歯ブラシだけだとなかなか歯の隙間に入っていかないので、歯磨き後にフロスなどを使って歯間の手入れをする必要があります。
口腔ケア
口腔ケアは専門家だけではなく自宅でもできます。口の中を掃除する円形のブラシや舌苔を取るグッズなど道具を用いたり咬筋をマッサージすることで改善できます。
フッ素で虫歯予防
フッ素は歯面の結晶とからみあって細菌や酸に溶けにくくして虫歯になりにくい歯にしてくれます。
オーラルケアとは
オーラルケアは簡単に言えば口の中を清潔に保つことです。なのでオーラルケアは歯に関することはもちろん、口臭、知覚過敏、歯槽膿漏、ホワイトニング、すべてにおいて関係してくることなのです。
PMTCという虫歯予防
PMTCはクリーニングだけでなく虫歯予防や歯周病の予防や改善、きれいな歯を保つなどのメリットがあります。痛みがなく、早く終わるので虫歯予防にはとても魅力的です。