親知らず 抜歯

親知らずの治療では抜歯が一番確実な治療です。

 

生え方にもよりますが、親知らずはどうしてもどこかで炎症を起こしたり前の歯にぶつかって悪い影響を与えることが多いからです。なので、一度抜いておけば一生親知らずの危険から心配がなくなるので抜くのが一番というわけです。

 

しかし、親知らずを抜く時は「痛くてたまらない」と言った人が多いように、抜歯は簡単ではありません。

 

親知らずを抜いた後に、術後の腫れや傷がなかなかふさがらない・顎の感覚の違和感など、こんな症状で苦しんだことはありませんか?

 

なかには上顎洞への感染で鼻が炎症を起こした、人もまれにいるようです。

 

一時的に術後にこのような症状で悩む人は多いかもしれませんが、2〜3日で治まらない時は抜歯をした歯科できちんと相談しましょう。

 

そして術後は安静にすること、傷口の消毒に歯科に通うこと、口をゆすいでかさぶたを取らないことなど自分でも気をつけることはありますので歯科とよく相談しましょう。

 

親知らずはやっかいなイメージもありますが、きちんとすることで大きな事にはなりません。

 

親知らずを抜くのが怖いからと言ってほっておかずに、少しでも違和感がでてきたら歯科にきちんといきましょう。

page top