歯科 無痛治療

無痛治療という言葉をよく耳にするようになりましたが、いったい無痛治療って何なんでしょうか。実際にはほとんど治療内容はかわりません。

 

麻酔による一時炎症を起こしてる部分や虫歯近辺を麻酔で麻痺させてから治療します。ただ普通の治療ではその最初の麻酔の一針が痛いと感じる人も多いはずです。

 

今は麻酔注射も針部分が細くなり痛みを少なくするという方法が無痛治療です。無痛治療で使用する針は一般に採血で使用される針の3分の1です。

 

なので麻酔が入りにくいのですが、電動注射などで麻酔を入れるのを助ける場合もあります。また麻酔をする前に塗る麻酔をしてさらに痛みを軽減することができます。

 

どうしても麻酔が苦手な人には針をささない口から吸入してリラックスさせる方法や口からある程度の麻酔をする場合もあります。

 

またここまで行くと普通の歯医者では無理ですが静脈鎮静法などという精神安定剤を入れて麻酔を入れる場合もあります。

 

他に無痛治療には治療時に治療道具が大きな音をしない器具でしてくれる場合もあります。しかしこの器具は最新のものが多いので今使われてる歯科は少ないです。空気で虫歯を削る器具やレーザーなど鈍痛が起きにくいものばかりです。

 

しかし歯の治療は大人でも躊躇しがちなもの。きちんと毎日のケアをして早期発見の虫歯らなら普通の治療でも痛くないはずなので歯に対する意識を高めていきましょう。

関連ページ

親知らずを抜くということ
親知らずは何かと嫌なイメージもあります。抜くのが痛いからといって放っておくと余計に症状がひどくなるので早めに治療しましょう。
親知らずは放っておかずに必ず歯科医を受診しましょう!
親知らずは痛いというイメージしかありませんが、を放っておくと炎症がすすみ口が開けられなくくらい痛みがひどくなってきます。痛みを少しでも感じたら必ず歯科医を受診しましょう!
子供の虫歯
子供が虫歯になる原因もいろいろありますが、親からの感染もその一つです。なので、小さいうちから虫歯予防を考える必要があります。そんな子供の虫歯予防にはフッ素がおススメです。
前歯の虫歯治療について
前歯は意外と虫歯になりやすいところで、特に隣の歯と歯の間の虫歯が多いようです。それから歯と歯茎との境目や裏側も虫歯になりやすいと言われています。なので、歯ブラシだけだとなかなか歯の隙間に入っていかないので、歯磨き後にフロスなどを使って歯間の手入れをする必要があります。
口腔ケア
口腔ケアは専門家だけではなく自宅でもできます。口の中を掃除する円形のブラシや舌苔を取るグッズなど道具を用いたり咬筋をマッサージすることで改善できます。
フッ素で虫歯予防
フッ素は歯面の結晶とからみあって細菌や酸に溶けにくくして虫歯になりにくい歯にしてくれます。
オーラルケアとは
オーラルケアは簡単に言えば口の中を清潔に保つことです。なのでオーラルケアは歯に関することはもちろん、口臭、知覚過敏、歯槽膿漏、ホワイトニング、すべてにおいて関係してくることなのです。
PMTCという虫歯予防
PMTCはクリーニングだけでなく虫歯予防や歯周病の予防や改善、きれいな歯を保つなどのメリットがあります。痛みがなく、早く終わるので虫歯予防にはとても魅力的です。