審美歯科 セラミック

審美歯科で使用されるセラミックインレーは見た目も材質も大変優れています。

 

審美歯科での虫歯治療やインプラントに使用されるセラミック(陶)は、保険内診療で使用されるコンポジットレジンと比べ材質に優れており、見た目にもより本物の歯に近い上質な美しさがあります。

 

コンポジットレジンも本物の歯に近い色合いを作り出すことが可能ですが、美しさや耐久性などの点からも審美歯科ではセラミックを使用することが多いようです。

 

また、審美歯科のセラミックに比べ通常の歯科で保険内治療の際に使用される金属は耐久性には優れますが、歯と金属との密着性があまり高くないためその隙間から新たな虫歯ができてしまう場合が多くあります。

 

さらに金属の詰め物はメンテナンスをせずに長年使用していると金属の溶けだしにより歯茎の変色なども起こりやすくなります。

 

審美歯科で使用されるセラミックインレーでは歯茎の変色などもおこらず、長い間使用していても新たな虫歯もできにくく、まさに理想的な義歯、詰め物と言えるでしょう。

 

審美歯科でセラミックインレーの治療を希望する場合、保険内診療で治療が可能な金属やコンポジットレジンなどと比べるとどうしても費用が高くなります。

 

けれど長期的な目で見ると、金属やレジンと比べ虫歯になりにくくメンテナンスがあまりいらない点や見た目に美しい点など、審美歯科でセラミックインレーによる治療を受けることは高いものではないと言えるでしょう。

page top