審美歯科 ブリーチング

審美歯科でブリーチングをおこなう人が増えています。

 

審美歯科でおこなわれているホワイトニングにはさまざまな方法があり、ブリーチングはその方法のうちのひとつです。

 

まず審美歯科でブリーチングをおこなう場合には、歯と歯茎が健康な状態であることが大切です。虫歯がある場合などは、ブリーチングを行う前に治療します。

 

審美歯科では歯と歯茎が健康な状態であれば除石など掃除をし、清潔な状態にしてからブリーチング専門の薬品を歯の表面に塗っていきます。薬品を塗った歯に強い光を照射することで化学反応が起き歯の内部にしみ込んだ色を取り除き白い歯へと導きます。

 

通常、審美歯科でのブリーチングは定期的に施術を続けることで白さを維持していきます。

 

審美歯科でのブリーチングは痛みなど一切伴わないため、麻酔は必要ありませんが、施術をおこなった後は日焼けをしたときのようなヒリヒリ感が若干残る場合があります。

 

色素沈着が気になる場合には、審美歯科でブリーチングについて相談をしてみるといいかもしれません。

page top