ラミネートべニア

ラミネートべニア法はホワイトニング効果の出にくい歯の変色や歯の形を歯の表面を削って神経をさわらずに歯をきれいにする方法です。

 

歯を削った後にどうするかというと削った歯の型をとり、セラミックの付け歯を作ってセメントで接着します。

 

普通は2回の来院で治療が終わります。

 

接着した付け歯は接着力が強くよっぽどのことがないとはがれたり欠けたりすることはほとんどないそうです。ただ噛み合わせが悪い場合は玉にはがれることもあるのでかみ合わせの診察は重要になってきます。

 

ラミネートべニア法はホワイトニング効果だけでなく顔のバランスを考慮してきちんとつくられます。特にすきっ歯などで悩んでる人にラミネートべニア法は心強い方法です。

 

そしてラミネートべニア法は適用してる症状が幅広く歯並びなどの歯にもとても最適な治療法になっています。

 

ラミネートべニア法をした後には自分の笑顔に自信がもてること間違いなしです。ただラミネートべニア法をするのに歯を削ることに抵抗がある方や、医者に信用を感じない人はやめた方がいいです。

 

どうしても歯は削りすぎたらもとにもどりません。

 

いくら付け歯があるとはいえラミネートべニア法にはある程度リスクもあると考えて選択しましょう。

page top