歯列矯正 医療費控除

歯の矯正をしたいと思う方の多くは、矯正中の見た目というよりも一番のネックになるのは治療にかかるお金ではないでしょうか?

 

歯の矯正をしたいと思ってもかかる値段は50万から100万円です。

 

この値段は上下の歯の矯正をした場合ですが、歯の矯正は上だけ下だけといった片方ではなかなかできません。なので、歯の矯正は上下にすると考えた方がいいでしょう。

 

その他にも診察料やワイヤーの調節料、検査など別に料金がかかります。

 

ただ個人の病院や大学病院など、病院の形体にもよって金額がかわりますし、個人の歯並びの状況でも金額がかなり違いますので、あくまでも目安としてこれくらいかかると思って治療してほしいです。

 

基本的に保険がきかないのでどうしてもこういった高額になってしまうのですが、歯の矯正は医療費控除の対象になります。

 

確定申告で医療費控除をするといくらかお金の返金などもありますから、そういったことも視野にいれて治療費を工面するといいかと思います。

 

ちなみにアメリカなどの医療機関で歯の矯正を行うとどうかというと日本とあまり金額が変わりません。

 

病気と判断されない割に個人にあった矯正を作るのでどうしても治療に時間がかかるのです。そのため妥当な値段いえるのです。

関連ページ

目立たない矯正
歯列矯正というとワイヤーなど見た目が気になりますが、今はクイック矯正や舌側矯正といった、表面からはほとんど分からない矯正の方法があります。
八重歯の矯正
八重歯はマルチブラケットをとりつけて矯正します。矯正期間はだいたい1年から2年が目安です。
小児矯正について
歯列矯正は子供にはつらいところですが、永久歯がそろってしまう前に矯正した方が早く終わると言われています。
出っ歯の矯正
出っ歯は人の見た目が気になります。健康上でも口の中が乾燥しやすくなるので歯周病の原因にもなったりします。
受け口の矯正
受け口の原因は遺伝もありますが姿勢の悪さからくる受け口もあります。矯正はマウスピースを夜寝るときだけ使って行います。歯ぎしりも受け口の原因になるので注意が必要です。
時間のかからない歯の矯正
時間がかからない矯正はどうしてもデメリットの方が目立ちますが、インプラント矯正は約半分の矯正でかつ矯正結果もワイヤーと変わらないというすぐれものです。ただ値段が高くなることだけは大きなデメリットといえるでしょう。
歯並びがいいということ
歯の矯正をすることにより歯並びがよくなりますがもともと歯並びがいい状態とはどんな状態のことをいうのでしょう。
審美歯科の歯列矯正は美しい口元がよみがえります
審美歯科で歯列矯正を受けるひとの多くは、歯並びを美しくすることが一番の目的となると思います。歯並びが悪いことがコンプレックスでうまく人前で笑えない…そんな人は審美歯科で歯列矯正をおこなうことで、歯並びが美しくなるとともに精神面にもとても良い影響が出るでしょう。しかし審美歯科で歯列矯正を受けることは、歯並びを美しくするだけではなく、もっと幅広い面で健康的、衛生的、精神的によい結果へと導いてくれます。
審美歯科での部分矯正について
審美歯科の部分矯正について。審美歯科では前歯だけ部分矯正したいといった小範囲の矯正にも対応できます。また噛み合わせなどの部分矯正も小範囲であれば対応可能です。
歯の矯正のメリット・デメリット
歯の矯正のメリットの一番は見た目です。芸能人を見ていてもそうですが、歯がそろってない人は歯に目線がいってしまいます。歯並びがきれいなだけで顔がきれいに見えてしまうほど歯並びは影響があります。
歯の矯正について
歯の矯正は様々な方法があるのですが、一般的には歯にブランケットという銀色の固定器具を取り付けそこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かし矯正していくワイヤー矯正でしょう。
差し歯について
差し歯といえば自分の歯でなくなった所に入れる歯を思い浮かべますが、実は虫歯により歯の根っこを残した治療をした後にプラスチックやセラミックなどで作られた表面部分をかぶせて固定するもののことをいいます。
顎関節症
顎関節症の原因は姿勢の悪さや、噛み癖(例えば片方だけで噛むなど)などからくることが多いですが、歯医者さんが虫歯の治療をする時にやたらと抜いてしまって歯並びが悪くなり噛み合わせが悪くなり顎関節症になる人もいるようです。
かみ合わせの矯正
顎関節症などの病気になった場合噛み合わせの悪さを治す必要があります。顎関節症の治療は、だいたいがマウスピースやスプリント治療といった口の中を少しずつ修正していく方法がほとんどです。