噛み合わせ 矯正

顎関節症などの病気になった場合噛み合わせの悪さを治す必要があります。

 

そうなった場合の治療はだいたいがマウスピースやスプリント治療といった口の中を少しずつ修正していく方法がほとんどです。

 

噛み合わせのズレなどはとても小さくわかりにくいので歯医者では何度も何度も噛み合わせ、そして顎をずらしたりレントゲンなどをとって検査します。噛み合わせのズレがわかったら型をとったマウスピースなどで歯を矯正します。

 

はじめは1週間、次は2週間一か月と治療期間は延びていきますが、何回もマウスピースを修正してかみ合わせを矯正します。マウスピースは長くつけてればつけてるほど効果があります。

 

寝てるときなどは初めは気持ちが悪いですが、慣れれば長くつけることができるのでつけて寝る方がいいでしょう。

 

このマウスピースは透明なので、普段しゃべることがなければつけてるのが人にわからないくらいです。

 

噛み合わせがよくなってから急に顔の歪みが治ったり、体の歪みがとれて健康になった人も多くいます。長くかかる矯正ですが、歯科でしっかりと治してもらいましょう。

page top