顎関節症

顎関節症をご存じでしょうか?噛んでいる時に歯の根ががたがた言う、痛みを伴うそんな病気です。

 

噛み合わせの悪さからくるものですが、顎や噛み合わせの異常だけではなく、肩コリや頭痛、手のしびれや視力低下なども顎関節症からくる場合もあるそうです。

 

顎関節症を治しただけで肩コリや腰痛が治った人もいるくらいです。

 

顎関節症の原因は姿勢の悪さや、噛み癖(例えば片方だけで噛むなど)などからくることが多いですが、歯医者さんが虫歯の治療をする時にやたらと抜いてしまって歯並びが悪くなり噛み合わせが悪くなり顎関節症になる人もいるようです。

 

噛み合わせはだんだん悪くなる事もあり、実際肩コリや頭痛など顎関節症から来ているのかどうかわからない場合も多いです。

 

なので原因不明の頭痛や肩こりのひどさ、そして倦怠感や視力の低下といった症状がみられる方で原因が分からない場合は一度顎関節症かどうかの診療をおすすめします。

 

実際の噛み合わせのずれはとても小さく素人ではわかりにくいです。しかし体には大きな影響を与えるものだと認識していきましょう。

page top