差し歯

差し歯といえば自分の歯でなくなった所に入れる歯を思い浮かべますが、実は虫歯により歯の根っこを残した治療をした後にプラスチックやセラミックなどで作られた表面部分をかぶせて固定するもののことをいいます。

 

今は虫歯で治療する場合になるべく歯の根っこを残した治療をする事が多いのでほとんどの虫歯治療をした人は差し歯があることになります。

 

ただ、銀歯のように銀をかぶせた場合は差し歯とはいいません。あくまでも歯の根っこの部分と同じ色のもので新しく歯を作ることを言うのです。

 

差し歯にはプラスチックのものからセラミックなどのものまで幅広く種類があり質が違います。

 

プラスチックなどの安価なものや保険適用のものなどはどうしても後から劣化などの問題が生じやすいです。もししっかりとするものにしたいと思うなら歯医者さんとよく相談して決めた方がいいでしょう。

 

今は入れ歯にしてもそうですが、差し歯も質のいいものがたくさん出てきています。ただ、差し歯は根っこが残ってるのでどうしても後から歯と差し歯の間から菌が入り虫歯になりやすい事が多いです。

 

だいたいが神経を抜いて差し歯にしているので痛みはないとは思いますが、痛みやなんとなく噛むことに違和感を感じたら歯医者さんに行って差し歯を変えてもらいましょう。

page top