ワイヤー矯正

大人の歯が生えそろった頃に自分の歯がガタガタで噛み合わせも悪いと感じた場合早めに歯の矯正をお勧めします。

 

歯の矯正は矯正歯科または歯列矯正といいます。ガタガタの歯をそのままにしていると噛み合わせの悪さや変に重なった歯の間から虫歯ができてしまったりします。

 

歯の矯正は様々な方法があるのですが、一般的には歯にブランケットという銀色の固定器具を取り付けそこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かし矯正していくワイヤー矯正でしょう。

 

ワイヤー矯正と言えばどうしても見た目の悪さを嫌がる人も多いですが、今はブランケットにも透明のプラスチックがあります。しかし銀のブランケットの方が矯正に時間の短さを感じることができます。

 

歯の矯正にはどうしても時間がかかります。個人差はありますが、歯を抜いて矯正しなければならないくらいになると、2〜3年くらいかかる人もいればもっとかかる人もいます。

 

歯並びがそんなに悪くなく歯を抜かなくても大丈夫な人は半年から1年くらいできれいな歯並びになるでしょう。また歯の矯正が終わった後も歯は元に戻ろうとするために何度か通院が必要です。

 

歯がきれいに並ぶと気持的にもとてもいいものですし、かみ合わせのよさにストレスを感じずに毎日を送れることになることが一番です。

page top