歯列矯正

歯の矯正には時間がかかります。そのため、歯科に通院する負担と長い間の矯正装置に苦痛を感じる人も多いかもしれません。

 

そんな人には今新しい歯の矯正があります。短い時間で矯正ができるものです。

 

それはここ最近有名になってきたインプラント矯正や、その他にもクイック矯正やダイレクトボンディング法などです。

 

時間がかからない矯正はどうしてもデメリットの方が目立ちますが、インプラント矯正は約半分の矯正でかつ矯正結果もワイヤーと変わらないというすぐれものです。

 

ただ値段が高くなることだけは大きなデメリットといえるでしょう。

 

クイック矯正とは2週間程度で歯並びを良くする方法です。どうやって矯正するのかというと、人口の歯を入れて歯並びを良くする方法です。

 

矯正とはいうものの、歯を移動させるものではなく人工的に歯にかぶせて歯を大きくしたり削ったりすることで歯並びを良くするものなので、矯正というよりはパズルのように隙間のない歯並びにするものだと考えてもらいたいです。

 

この方法は、早く歯の矯正ができることと、歯をきれいに白くできるのが魅力ですが、噛み合わせや歯のずれには対応できないので、あくまでも処置だと思います。

 

ダイレクトボンディング法と呼ばれるものは、ほとんどがすきっ歯のような隙間がある方に適応されるものです。

 

クイック矯正と一緒で歯を埋めていく作業でできるものですが、ただ削ったりすることは少なく、保険外ですが金額的に安くできる上に簡単にできます。

 

時間もかからず、見た目はかなりきれいにできますので時間のない人にはお勧めです。けれど、将来的にまた歯の矯正をしなくてはいけないというデメリットもあります。

 

クイック矯正とダイレクトボンディング法、どちらの矯正も特徴があります。自分に合った矯正方法をきっちりカウンセリングして治療を受けることが大切です。

page top