出っ歯 矯正

出っ歯になるとかみ合わせが悪くなるだけでなく、見た目にも気になる人も多いと思います。出っ歯の原因は多くは分かっていませんが、ここ最近の食生活に注目しているお医者さんも多くいるようです。

 

しかし大概は上あごの形成に問題があり上あごの前歯が外側に出てくることで出っ歯になります。また指しゃぶりを長く続けてることや舌を突き出して飲み込む癖なども原因の一つなのではないかと言われています。

 

出っ歯はものを食べる時に奥歯で噛んでも前歯が出ていてかみ合わず、食べ物をうまく噛む事ができません。

 

その為に無意識に下顎をずらして噛むようにしてしまっていてあごの関節にも負担がかかっているようです。しかもその無意識の下顎のずれがストレスになり、イライラの原因になってる場合もあります。

 

出っ歯の治療法としては上あごが大きい場合は上あごを小さくする手術をしてから歯の矯正でよくなります。

 

本当は子供の成長期の段階にあごの成長を抑えるように矯正するのが一番負担が少なくていいのですが、大人になってから出っ歯の矯正をするようになるとどうしても整形手術が必要になります。

 

なので少し面倒なことや、金銭的問題から出っ歯の治療をしない人もいますが、出っ歯は見かけだけでなく、健康上でも口が閉じにくいことから歯肉が乾燥して歯周病の原因になります。

 

さらに鼻呼吸より口呼吸になるひとも多くさらにあごの形成を悪くします。もし気になることがあったら早めの治療をお勧めします。

page top