小児 歯列矯正

歯の矯正は早くからした方がいいとよく聞きます。その為に小児矯正とよばれる子供の頃にする矯正があります。

 

実際に行われる小児矯正は大人の歯の矯正と変わらない方式で矯正装置をつけて顎や歯の矯正をしていきます。

 

子供は乳歯から永久歯になる時に顎の形成や歯並びが決まります。そういうことからも小学校の低学年から高学年にかけて早くの小児矯正をした方が大人になって矯正する必要がない可能性が出てきます。

 

もし大人になってからも矯正が必要になったとしても、普通の人より早く矯正が終わるといわれています。なので、早いうちに歯の生え方や噛み合わせがよくないと感じ始めた頃に歯医者さんに相談するのが一番です。

 

永久歯がそろって歯の形成が整ってからになると大人の矯正と一緒で長くなる可能性が高いからです。しかも噛み合わせが悪かったり歯に隙間ができるとコンプレックスを抱えて生活しなければならないので気になる時に行くのが一番です。

 

小児矯正は1年から2年矯正装置をつけなければならないので子供にとっても大きな負担です。親が一緒に歯について教えてあげることと、一緒に乗り越えてあげないと挫折も考えられます。

 

お金も決して安いものではないのでしっかりと子どもとのコミュニケーションをとっていくことが大切だと言われています。

 

小児矯正をしてるうちは歯医者に通う機会も多くなります。そうなってくると虫歯をすぐに見つけてもらえるメリットもあります。早めの予防が小児矯正では一番大切になってくるのです。

page top