知覚過敏

知覚過敏
知覚過敏は冷たい食べ物や飲み物がしみる状態。

 

原因は様々ですが、多くはブラッシングが原因のことが多いようです。力を入れてブラッシングすることでエナメル質やセメント質が薄くなってしまうと象牙質が表面に近くなってしまいます。

 

この象牙質には象牙細管という小さな穴が開いていて、この穴から通った刺激が神経に伝わってしみてくるのです。

 

[PR]知覚過敏を改善するブラッシング用品!

知覚過敏の原因

知覚過敏はブラッシングが強すぎることでが原因のことが多いですが他にも知覚過敏を引き起こす原因があります。

 

●歯周病によるもの
歯周病になると歯ぐきがやせてくるので、もともと歯ぐきに覆われている歯の根元がむき出しになって刺激を感じやすくなります。

 

●ブラッシングによるもの
硬い歯ブラシで長い時間にわたって強く磨くことでエナメル質が削れてしまい、象牙質が表面に近くなり発生します。

 

●歯ぎしりがひどい人
歯ぎしりは隣で寝ている人に迷惑なだけではありません。歯をくいしばることでとても強い力が歯にかかってしまい、歯の根元近くのエナメル質にヒビが入ってしみてきます。

 

●酸蝕歯(さんしょくし)によるもの
酸っぱいミカンを食べた後や、赤ワインやお酢などの酸性のもので歯質が溶けしみてきます。

 

●歯石を取ったあと
歯石がカバーとなっていた状態でしたが、歯石を取ることによって覆われていた部分が急に露出してしまい知覚過敏が発生します。

 

歯磨きは回数を増やせばいいというものではありません。歯ブラシ以外の歯間ブラシや歯垢染色剤などを上手に利用して歯に負担をかけないブラッシングを心がけていきましょう!

関連ページ

知覚過敏
冷たいものやブラッシング時に、しみたりピリッときたら知覚過敏の可能性が高いでしょう。以前は高齢の方に多くみられた知覚過敏ですが、最近では若い方でもよく見られるようになりました。
知覚過敏予防
知覚過敏で冷たいものが食べられない。そんなお悩みの改善に一度お使いのデンタルケア用品を見直してみませんか?しみるために歯磨きがおろそかになると今度は歯周病になってしまう恐れがあります。
義歯の洗い方
入れ歯はまず水で流しながら歯ブラシで磨きます。その際に熱いお湯で洗うと義歯が変形してしまう恐れがあります。また落とさないように洗面器などでカバーして洗う方が安全です。
義歯について
義歯には総義歯といってすべての歯を義歯にするものと、部分義歯といって一部のものを義歯にする場合があり、義歯にも保険適用のものと自費のものがあります。
ドライマウス
口臭の原因の一つにドライマウスといった唾液の分泌は減るものが考えられますが、いったいドライマウスはどうして起こってしまうのでしょうか。