知覚過敏

虫歯が見当たらないのに冷たいものがしみたり歯ブラシが当たると痛かったりする場合は知覚過敏の症状です。痛みが強いので虫歯ではないかと一瞬疑いますが、歯医者にいっても虫歯ではないです。

 

知覚過敏は何か刺激があった時に起こる一過性のものということと、鋭い痛みということであるのが特徴です。

 

知覚過敏の原因はいくつか考えられてブラッシングのやり方に問題があるか、噛み合わせなどの歯並び、さらに歯石取りをしすぎると知覚過敏になってしまうのです。

 

知覚過敏は以前お年寄りに多くなっていましたが、今は若い人にも多くみられるようです。また、知覚過敏になっている人は歯が歯茎から出て色が変色している人が多く、奥歯などはわかりにくい場合が多いです。

 

知覚過敏の治療はフッ化物の塗布や歯科材料で痛みのある部分のカバーをしたり、歯磨きを知覚過敏用のものにして刺激を与えなくすることなどがあります。

 

ほとんどが歯科できちんとしてもらえる治療なので、虫歯じゃないから大丈夫と思わずきちんと治療していきましょう。

page top