知覚過敏

虫歯が見当たらないのに冷たいものがしみたり歯ブラシが当たると痛かったりする場合は知覚過敏の症状です。痛みが強いので虫歯ではないかと一瞬疑いますが、歯医者にいっても虫歯ではないです。

 

知覚過敏は何か刺激があった時に起こる一過性のものということと、鋭い痛みということであるのが特徴です。

 

知覚過敏の原因はいくつか考えられてブラッシングのやり方に問題があるか、噛み合わせなどの歯並び、さらに歯石取りをしすぎると知覚過敏になってしまうのです。

 

知覚過敏は以前お年寄りに多くなっていましたが、今は若い人にも多くみられるようです。また、知覚過敏になっている人は歯が歯茎から出て色が変色している人が多く、奥歯などはわかりにくい場合が多いです。

 

知覚過敏の治療はフッ化物の塗布や歯科材料で痛みのある部分のカバーをしたり、歯磨きを知覚過敏用のものにして刺激を与えなくすることなどがあります。

 

ほとんどが歯科できちんとしてもらえる治療なので、虫歯じゃないから大丈夫と思わずきちんと治療していきましょう。

関連ページ

知覚過敏予防
知覚過敏で冷たいものが食べられない。そんなお悩みの改善に一度お使いのデンタルケア用品を見直してみませんか?しみるために歯磨きがおろそかになると今度は歯周病になってしまう恐れがあります。
知覚過敏でお困りではありませんか?
知覚過敏は冷たい食べ物や飲み物がしみて歯がキーンとなる状態です。エナメル質やセメント質が薄くなって象牙質が近くなることで発生します。知覚過敏予防で歯のしみない毎日を取り戻してみませんか?
義歯の洗い方
入れ歯はまず水で流しながら歯ブラシで磨きます。その際に熱いお湯で洗うと義歯が変形してしまう恐れがあります。また落とさないように洗面器などでカバーして洗う方が安全です。
義歯について
義歯には総義歯といってすべての歯を義歯にするものと、部分義歯といって一部のものを義歯にする場合があり、義歯にも保険適用のものと自費のものがあります。
ドライマウス
口臭の原因の一つにドライマウスといった唾液の分泌は減るものが考えられますが、いったいドライマウスはどうして起こってしまうのでしょうか。