口臭 原因

自分の口臭気になりませんか?

 

また口臭は自分では気づかないことが多いので話をしている人が顔をしかめてる事でもしかして自分の口臭って臭い?と思う事があったりします。

 

そんな口臭の悩みを持ってる人は年齢を重ねた人だけでなくここ最近若い人にも多くみられるようです。

 

食べ物が原因で口臭がするのはなんとか気をつければなりますが、体の中が原因で口臭があるとするとまずは原因を調べる所からしないといけません。

 

体の何が原因で口臭がくるのか、いくつかご紹介します。

 

まずは口の中が原因と言われるものです。一番多いのは歯周病です。歯周病は歯茎から血が出ることでわかりますが、そこまで症状が進んでいないと自分でもわからないことが多いのです。

 

歯周病は歯茎が炎症を起こす病気ですが、ほとんどの成人の方が持っているものだと言われています。また歯周病が原因で口臭がするときはガスのような独特なにおいがします。

 

他には舌苔と呼ばれる舌に汚れがついている場合です。普通の人にも舌苔はついているのですが、疲れていたり不規則な生活を続けていると多くついてしまい口臭の原因になるのです。

 

また体の病気で口臭が起こる場合もあります。特に思いつくのは消化器系の病気の場合です。胃が悪いと口が臭くなる、と昔からもよくいうように胃が荒れている為に胃からくる臭いが口臭となる場合もあります。

 

加えて、肺などの呼吸器系が原因で口臭がある場合もあります。もちろん、口臭だけではわからないので他にも症状がある人は検査をお勧めします。

 

意外にも耳鼻咽喉系も口臭がします。耳や鼻が炎症を起こした場合にそこから口に伝わって臭いがするのです。

 

口臭の原因で口の渇きは意外にも多くあるものだといわれています。口呼吸をしている人には多くみられるようですが、唾液が渇くと匂いが強くなるのです。

 

このように数多くの原因が口臭になっています。食べ物だけが口臭の原因でないことを頭に入れておきましょう。

関連ページ

舌苔を取るブレオ
口臭予防の原因舌苔ですが、ブレオならなめているだけで舌の汚れを落としてくれます。
舌苔を取ることで口臭は防げるでしょうか?
舌苔は口臭の原因ですが取り過ぎると余計についてしまうものです。歯ブラシでもある程度落ちますが、舌苔専用のブラシで落とすとより効果的です。
子供の口臭の原因は?
子供にも口臭がありますが、その原因は主に口呼吸によるものです。もちろん虫歯や胃腸の状態によるものもありますが、まずは原因をしっかりと探してみましょう。
口臭測定器で自分の口臭チェック!
口臭は自分では分かりませんが人には分かるものです。会話中に自分のそばから相手がさりげなく遠ざかる経験はありませんか?そうなる前に口臭測定器で一度チェックしてみましょう!
口臭外来について
口臭にも様々な原因があります。単に口の中が原因であれば口臭外来で治療が可能です。口臭外来では検査をして口臭の原因を探してくれるので口臭にお悩みの方は一度受診されるのもいいでしょう。
口臭を防ぐ食べ物
口臭予防に役にたつといわれているのが緑茶とレモン・牛乳・梅干しなどです。中でも口臭予防にいいと言わるのが緑茶に含まれるフラボノイドで、消臭や殺菌作用があり食後に飲むのがいいそうです。
口臭チェック
口臭対策で今話題なのが、口の中でうがいをしてそれを吐き出すだけで自分の口の中の汚れをみれるというものです。
口臭予防のお手軽グッズならまずはガムがおすすめです
ガムは即効性がある上にある程度の時間は口臭を緩和することができて、その効果時間が長いのも特徴です。またドライマウスなどで悩ん出る人には、ガムを噛む事で口臭改善の一つである唾液の分泌を促すという二役をかっています。
ラクトフェリン
ラクトフェリンはもともと内脂肪低減効果があることで有名になりましたが、口臭や校内環境にもいいことがわかり他にも整腸作用や免疫強化、大腸がん予防など他にも効果があるすぐれものなのです。
にんにく臭を消臭するには
にんにくを食べた後にりんごを食べると臭いが残らないとよく言います。さらに油ものなどを食べた後にもりんごを食べるとすっきりします。
たばこ臭と口臭
ただたばこと口臭を分けて考えることはできません。 たばこを吸ったタールが舌に付着することにより舌が茶色くなります。舌苔は発生するとどうしても次の舌苔を発生させるのでヘビースモーカーなどはどうしても口臭になりやすくなる傾向があります。
口臭予防
人と会う時にやはり口臭はなんとかしたいものです。病気で口臭があるのは病気を治す事で口臭も改善されますが、その他の原因の口臭はある程度予防することができます。