キシリトールガム

キシリトールガムといえば虫歯にならないガムとして有名です。どこに行ってもキシリトールガムを売ってない所はありません。実際にキシリトールとはキシロールとよばれるものから合成される糖アルコールの一種です。

 

甘味があることから甘味料として使用されていますが、普通の甘味料に比べてキシリトールはカロリーが4割ほど低いといわれています。

 

う蝕という糖質が作った酸が原因で歯が欠損することに対してキシリトールは予防に有効だと言われてます。しかし誤解をしてる人が多いですが、う蝕がキシリトールで治るというわけではないのです。

 

キシリトールを食べれば虫歯にならないというのも違い、なりにくいというだけです。なのでキシリトールを食べていれば安全だとは思わないでほしいのです。以前発売されていた歯磨きガムのように絶対ではないということです。

 

しかしカロリーや糖分が少ないために糖尿病などの人の血糖値の急上昇などを起こさないことがわかっています。さらには歯とは関係ないですが、急性中耳炎を防ぐのに有効だという研究報告も受けているようです。

 

キシリトールが出てきたことで歯へのケアの関心が高まったのは確かです。もしガムを噛みたくなったらキシリトールを選ぶべきでしょう。

page top