膿栓 くさい玉

「におい玉」や「くさい玉」などと呼ばれる膿栓は喉の奥にある白い塊のことです。知っている人は知ってると思います。

 

この膿栓ができるのは扁桃腺の周りのくぼみ。

 

風邪をひくと腫れてくる扁桃腺ですが、それもそのはず扁桃腺は鼻や口から侵入してくる異物や細菌を殺して喉を保護する役目を持っているからなのです。

 

扁桃腺が喉を保護する役目は、扁桃腺の表面にある腺窩(せんか)・陰窩(いんか)という小さな穴から出る免疫物質が荷っていて、ここから出てくる物質によって喉は守られています。

 

扁桃腺ではこのようにして免疫物質が細菌を殺すわけですが、この働きでたまった細菌の死骸に食べカスなどがくっついて膿栓ができると言われています。

膿栓ができやすい人

膿栓ができやすい人は口の中が乾燥しやすい方です。

 

例を言えば、口呼吸をしている人や扁桃腺が肥大している人で、こういう方は喉が乾燥しやすく過剰反応を引き起こしやすい状態になっています。

 

そのため、喉をうるおす(守るため)の免疫物質が出やすくなっていて、通常の人よりも膿栓ができやすくなっているのです。

 

こちらの商品はラクトフェリンなどの口臭対策に効果のある天然酵素が配合されていて、口内に潤いを与え口臭を和らげる「口内保湿・湿潤ジェル」です。

 

特長は、優れた持続性・キシリトール配合による心地よい甘味・天然酵素配合というもので、義歯をお使いの方にもおすすめできる商品です。

 

最後に膿栓ですが、膿栓ができるからといって気にして自分で取ってしまう方もいるようですがそれは絶対にしてはいけません。

 

なぜなら、扁桃にあるリンパ腺を傷つけてしまうことで重大な疾患を更に引き起こしてしまうこともあるからです。

膿栓は取っても無駄です

私は膿栓を取ったことはありませんが、膿栓は取っても取っても新しいものが出来続けるので取るだけ無駄のようです。

 

ネットでは、どうしても気になる人は耳鼻咽喉科を受診して取ってもらうことと言っているようですが、実際のところほとんどの病院で膿栓など取ってはくれません。なぜなら膿栓があっても別に支障がないからです。

 

膿栓を取る人のほとんどが、膿栓が口臭の原因だという一般的なイメージがあるからで、そのため「くさい玉を取りたい!」という方が後を絶たないのです。けれど、膿栓が口臭の原因だとは断定できなところが本当のようです。

 

口臭の原因は、どちらかと言うと虫歯や歯槽膿漏といった口の中の病気の方が口臭を発生させている原因だと言えるようです。

page top