コンクールF

コンクールFも言わずと知れたマウスウォッシュの人気商品ですね。

 

コンクールFもマウスウォッシュとして使用するところはナタデウォッシュと同じですが、しかしながらコンクールFの成分はナタデウォッシュと比べると随分と違うようです。

 

ここではコンクールFの特徴について探ってみたいと思いますが、その前にまずは歯周病について簡単に説明したいと思います。

 

歯周病は年を取ってからの病気と思われがちですが必ずしもそうではありません。若い人でも知らないうちに進行し、気が付いたらもう手遅れということがよくあるそうです。

 

しかしながら、歯周病にかかる全ての方がブラッシングなどの歯のお手入れを怠っているのかというとそういうわけではありません。

歯を磨いているのに…。歯周病になりやすいブラッシングとは

手入れをしているのに歯周病になってしまった方からは、毎日ブラッシングをしているのになんでムシ歯や歯周病になってしまうのだろう?

 

そんな疑問の声が聞こえてきそうですが、その原因の一つには、歯と歯の間や歯と歯肉の境目の歯磨きがきちんとできていないことが多いようです。

 

原因は、ブラッシングしていても歯間や歯肉の境目は歯ブラシが行き届きにくいため、その部分にプラーク(歯垢)が溜まり、ムシ歯や歯周病を引き起こしてしまうからですが、そんな歯垢をきれいにしてくれるのが、薬用マウスウォッシュ『コンクールF』なのです。

 

このコンクールFに含まれる成分には、むし歯の発生や進行を予防するだけではなく、歯肉炎・歯槽膿漏といった歯周病の予防や口臭にも効果のあるグルコン酸クロルヘキシジンとグリチルリチン酸モノアンモニウムが配合されています。

 

そのため、毎日のブラッシング時や就寝前に使うだけで口の中のバクテリアをシャットアウトしてくれるのです。

グルコン酸クロルヘキシジンの抗菌作用

このグルコン酸クロルヘキシジンですが、抗菌作用が高いだけではなく、持続時間も約12時間と長続きしてくれるのも嬉しいところです。

 

さらに緑茶抽出液とl-メントールを配合しているので後味のすっきり感が人気の秘密のようです。

 

コンクールFの使い方も簡単で、約25〜50ml(コップ約1/8〜1/4位)の水にコンクールFを5〜10滴を滴下し、よくかき混ぜて1日数回洗口(口中をすすぐ)するだけでOKです。

 

単にエチケット的な口臭対策ではなく、歯周病の予防を目的とした洗口液が「コンクールF 薬用マウスウォッシュ」の特徴のようですね。

 

歯周病対策を考えている方にはぜひおすすめしたい1本です。

関連ページ

ランキングで人気のマウスウォッシュの特徴について
ランキングで人気のナタデウォッシュとコンクールF。どちらも似たような商品ですが、それぞれの特徴について調べてみました。
マウスウォッシュの人気商品
楽天市場でランキング上位のマウスウォッシュ。人気の高いマウスウォッシュを一堂に集めてみました。レビューもたくさんある人気のあるマウスウォッシュです。
ナタデウォッシュの魅力とナタマメ効果について
口臭対策の口腔洗浄液ナタデウォッシュのナタマメ効果について
ランキングで人気のマウスウォッシュ その魅力について徹底解剖
口臭対策として人気のあるナタデウォッシュとコンクールF。どちらもランキングで上位のマウスウォッシュですが、その人気の魅力について探ってみました。