電動歯ブラシ

電動歯ブラシチェックポイント その1 振動数や回転数をチェック!

電動歯ブラシはどれも同じ振動や回転をしているわけではありません。そのため、ブラシの動き方やスピードなどでいくつかのジャンルに分けられています。

 

一般の電動歯ブラシ:スピードは速くないがブラシが振動、または回転するもの

 

音波歯ブラシ:ブラシが高速で振動するもの

 

超音波歯ブラシ:ブラシのヘッド部分から、超音波振動が発生するもの

 

ここでひとつ間違えてもらいたくないところは、超音波歯ブラシは自分でブラシを動かす必要があることです。

 

電動歯ブラシのイメージにあるような全自動で勝手にブラシが動いてくれるというものではありません。また、どの商品にも言えることですが、1分間にブラシの部分がどれだけ振動するかが効果の分かれ目です。

 

安定感がありおすすめなのはやっぱり「音波ブラシ」です。中でもおすすめなのがソニッケアーの音波歯ブラシ

 

なぜかというと、ソニッケアーだけの特許技術でブラシがあたっていない2〜3mm先の汚れまで落とすことのできる、ダイナミックフルイドアクションという水流を起こすことができるからです。

 

この水流が歯間の汚れも落としてくれるので、フロスや歯間ブラシなどの使用を大幅に減らしてくれます。ブラシが勝手に動いてくれてすごく楽な上に、手で磨くよりもしっかり汚れが取れてくれます。

電動歯ブラシチェックポイント その2 価格帯をチェック!

楽天市場で電動歯ブラシを検索すると高いもので2万円以上する商品もたくさんあります。

 

しかもそれらがどれも売り切れ状態。低価格なのは数千円から購入できるのもありますが、やはり安いのはどうしても機能性や長期的な使用に耐えられないと言った問題が出てきます。

 

値段が高ければいいというわけではないのですが、やはりここは「1万円以上のもの」を選んだほうがベターかもしれません。

 

1万円以上の商品であれば安心しておすすめできるし、電動歯ブラシに求められる「歯垢の除去」がしっかりとできるでしょう。

電動歯ブラシチェックポイント その3 ヘッドの大きさをチェック!

ヘッドをチェックするときは、正面からではなくヨコにして見比べてください。そうすると大きさの違いが一目瞭然にわかります。

 

なぜヘッドの大きさをチェックするかというと、それだけでブラシを口に入れたときの感じがかなり違ってくるからです。特に小さな口の方や女性には、大きすぎるヘッドは奥歯をみがくときに邪魔になります。

 

ネットで購入する際は分かりづらいかもしれないので、一度量販店に足を運んでチェックしてからネットで購入するといいでしょう。

関連ページ

歯周病ケアに効果的な電動歯ブラシ!気になる電動歯ブラシの選び方
歯周病ケアのための電動歯ブラシには音波歯ブラシがダンゼンおススメです。毎日のデンタルケア、そして歯周病ケアにぴったりの人気の音波歯ブラシをご紹介しています。
歯を白くするホワイトモード搭載!音波電動ハブラシ ダイヤモンドクリーン
音波電動歯ブラシダイヤモンドクリーン。歯科医も推奨するソニッケアーの最新モデルです。音波歯ブラシなので歯垢を効果的に除去。さらに、ホワイトモード機能が歯のステインなどを取り除き、歯本来の白さに近づけます。
歯周病対策には音波歯ブラシ
デンタルケアや審美歯科など、歯に関する情報の総合サイト。虫歯や歯周病の治療法から、ホワイトニングやインプラントなどの歯の矯正や審美歯科関係についても解説。歯の健康に関する情報など、デンタルケアのお役立ち情報が満載です。
音波歯ブラシと超音波歯ブラシ
音波歯ブラシと超音波歯ブラシ。どちらも同じようでいて少し違います。電動歯ブラシとも違う超音波歯ブラシと歯いったいどんな歯ブラシでしょうか?
おすすめの音波歯ブラシ
デンタルケアや審美歯科など、歯に関する情報の総合サイト。虫歯や歯周病の治療法から、ホワイトニングやインプラントなどの歯の矯正や審美歯科関係についても解説。歯の健康に関する情報など、デンタルケアのお役立ち情報が満載です。
歯周病対策には音波歯ブラシ
歯周病ケアのために生まれた電動歯ブラシ。これまでの電動歯ブラシとは異なる超極細毛音波振動歯ブラシが、歯間や歯周ポケットのプラークまで届いて歯周病をケアします。
電動歯ブラシの失敗しない選び方
電動歯ブラシの失敗しない選び方を紹介。数ある電動歯ブラシの中から自分にぴったり合った電動歯ブラシを間違いなく選ぶためにチェックしたいことなど。