デンタルケア

デンタルケア記事一覧

虫歯治療も昔と違い大きく変わってきました。大きな虫歯になるとすぐに抜いてしまったりしていましたが、歯は抜いてしまうとかみ合わせに大きな障害をもたらします。そのことのケアをできずに噛み癖がおかしくなる人も多くでていたのが現状でしょう。しかし現在の歯科では少しでも大丈夫な歯は残して治療するというスタンスで挑んでくれます。中には土台も腐ってるようなひどい状態で来る人もいますからどうしても抜かなければなら...

歯磨きをきっちりしてるのに虫歯になりやすいという人いませんか?もちろん歯石をこまめに取ってる、フッ素をきちんと塗ってるという人にはそういった症状みられることは少ないかもしれませんが、割と毎日3回歯ブラシできっちり磨いているのに虫歯になりやすい人の原因をお話します。ほとんどの場合、歯並びの悪い人が虫歯になりやすいようです。論理は簡単で、どうしても歯並びが悪いと磨き残しが多くなったりします。その為にデ...

電動歯ブラシはとても使いやすく、手動で歯を磨いているときよりもちゃんと磨けてる気がします。価格は100円という安価のものから1万円するものまでありますが、高ければ機能がいいのかというとそうでもなく、安くてもいいものもあります。機能をみて買っていくことがいいでしょう。電動歯ブラシの中には振動で歯を磨くものと超音波で磨くものとあります。電動歯ブラシのメリットは簡単に手軽に歯磨きができること、手が疲れな...

電子イオン歯ブラシは電動歯ブラシと違い、電子イオンが歯ブラシからでるという充電も電池もいらない歯ブラシです。電子イオンが入った柄に取り換え可能の歯ブラシをつけて歯を磨くことができます。電子イオンが歯垢を分解してくれ歯をきれいにしてくれます。歯磨き粉をつけなくてもブラッシングをして大丈夫です。なぜならば、電子イオン歯ブラシで磨き始めることでブラシの毛先はプラスになり、そして歯はマイナスに帯電するよう...

今は歯ブラシも通販で買う人も増えてきています。通販は現物を見られないというデメリットはありますが、口コミなどで実際に使用した人の感想が見れるのではずれが少なくなります。また通販でなくても店頭で見たいい歯ブラシを口コミを参考にして再度買いに行く人も多いようです。やはり歯ブラシもネット世代になってきたのです。さらに今は超音波歯ブラシや電動歯ブラシなど高級な歯ブラシも通販で買う事ができます。そういった時...

超音波電動歯ブラシウルティマという電動歯ブラシがあります。電動歯ブラシと超音波歯ブラシは違うものという認識がありましたが、それを超えて新しく出てきた超音波電動歯ブラシです。ウルティマは160万ヘルツの超音波を発動して電動振動で手磨きを補助してくれます。なんといっても超音波で歯垢や細菌を除去してくれるのが他の電動歯ブラシと違うことです。ウルティマは普通の電動歯ブラシと使い方は変わりません。水でぬらし...

ほとんどの人は歯磨きに歯磨き粉を使用してると思います。しかしここ最近ではこの歯磨き粉に対する考え方も大きく変わってきています。歯磨き粉に入ってる成分は思ったよりたくさんあります。その中でも研磨剤、発泡剤、香味料は有名です。研磨剤は歯のエナメル質を削って歯を白くしています。その為に研磨剤の入った歯磨き粉で長時間ブラッシングすると歯がかけて虫歯の原因になることもわかっています。また今はミントなどの爽快...

歯磨きは一番の歯のケアです。歯磨きの仕方をいい加減にするとすぐに虫歯になったり、歯周病になったりします。なので歯磨きは小さいうちから習慣としてきちんと磨くことを心がけたいものです。3歳児検診などで歯のチェックをしてもらいますが、その時に正しい歯の磨き方やどんなもので虫歯になるかなどを詳しく教えてくれます。そういった場所から学ぶことももちろんですが、歯科で液体を使って磨き残しがないか確認してもらって...

歯垢とは歯の表面に付着する白いまたは黄色い粘着物を指します。ほかにも歯屎、歯滓、また一般的にはプラークと呼ばれることも多いです。歯科ではデンタルプラークと呼ばれています。歯垢は歯に残った食べかすに細菌が繁殖してつくものです。ブラッシングである程度とれますが、それでもとれないものも多くあります。そこに細菌が更に繁殖して長期間経過すると歯石とよばれるものになります。歯石は、唾液中のカルシウムを歯垢が吸...

歯と歯の間の汚れを落とすための補助清掃道具はまだ自分にあったものが分からずどうしても買うことに躊躇が生まれる場合があります。かといって部位や自分の歯に合わせたものをたくさん持っているとそれだけで使うものがたくさんでめんどくさくなってしまいます。なのでなるべく歯間ブラシなどの補助清掃器具は少ない方がいいようです。歯間ブラシの選び方としては歯と歯の間の隙間や部位によって選ぶことが重要です。中には入ると...

歯間ブラシはいくつかの種類があります。小さくワイヤー部分を部位によって自由に曲げたりできるまっすぐなもの。また、奥歯を磨くためにもともと曲がっていて持ち手が長くなってるものや、ワイヤーの大きさもSからLとサイズがあります。なので、自分の歯に合った歯間ブラシを選ぶことが重要です。だいたい今は歯間ブラシなどは歯科などですすめられることが多く、実際に歯科で自分に合った歯間ブラシをくれる所まであります。た...

歯ブラシだけでの歯磨きではどうしても歯垢が残ってしまいます。そこで今はデンタルフロスと同じように歯間ブラシを使って歯ブラシでは届きにくい場所を掃除してくれる補助器具があります。歯間ブラシは歯科でも勧められるほど虫歯や歯周病には効果があります。歯ブラシのほかに歯間ブラシを使う事で95%のプラークを除去できることがわかっています。人の歯並びには特徴があります。どうしても歯ブラシでは届かない場所では歯間...

歯ブラシの選び方は自分にあった歯ブラシを探すことです。歯ブラシの毛の硬さは自分の磨く強さやブラッシングの方法にもよりますが、やわらかいよりは硬い方を選んだほうが汚れが落ちやすいです。ただ硬い歯ブラシは歯茎の痛みなど強く磨きすぎると傷つけてしまう場合がありますので自分の磨く強さを考えて買いましょう。また毛先や柄のサイズは小さな物の方が口全体に小回りが利くので磨きやすいです。柄の部分はまっすぐのものが...