歯ブラシ

歯ブラシの選び方は自分にあった歯ブラシを探すことです。

 

歯ブラシの毛の硬さは自分の磨く強さやブラッシングの方法にもよりますが、やわらかいよりは硬い方を選んだほうが汚れが落ちやすいです。

 

ただ硬い歯ブラシは歯茎の痛みなど強く磨きすぎると傷つけてしまう場合がありますので自分の磨く強さを考えて買いましょう。

 

また毛先や柄のサイズは小さな物の方が口全体に小回りが利くので磨きやすいです。

 

柄の部分はまっすぐのものが持ちやすいでしょう。ナイロンの毛の歯ブラシの方が清潔感を保てます。

 

今は歯科で売ってるような高価な歯ブラシもありますが、特に値段で効果は変わりません。むしろ自分の歯に合ったもの、磨きやすいものを選ぶといいでしょう。

 

また歯ブラシの寿命はだいたい一か月といわれています。その前に毛先が開いてしまったらすぐに取り換えましょう。

 

もし一か月から前に毛先が開くのならもしかしたら力が強いか、ブラシの固さがあってない場合があります。そんな時は歯磨きの仕方や歯ブラシの固さを変えてみましょう。

 

歯ブラシだけでは完全にプラークはとれません。なので、歯間ブラシなど「歯ブラシの補助」として歯の掃除ができる道具をそろえるとよりプラークコントロールが可能になるでしょう。

関連ページ

虫歯治療について
虫歯治療は段階に応じていくつかの種類があります。現在の虫歯治療では歯を抜くことはありません。ただ、ひどい虫歯になると抜くこともあるようです。
虫歯になりやすい人
ブラッシングしているの虫歯になりやすい原因の一つに歯並びの悪さがあります。そういった方は、歯並びやかみ合わせの治療が必要です。
電動歯ブラシについて
電動歯ブラシは手軽に歯磨きができますが、磨き残しは必ずあるので気をつけましょう。
電子イオン歯ブラシ
電子イオン歯ブラシは、イオンの力で歯のプラークをはがす歯ブラシです。
通販で買う歯ブラシ
歯ブラシも通販で購入するのが一般的になってきました。楽天市場の歯ブラシも人気です。
超音波電動歯ブラシウルティマ
ウルティマは超音波で歯垢や細菌を除去してくれる超音波歯ブラシです。
歯磨き粉について
歯磨き粉は爽快感があって歯をよく磨けている気がしますが、実際はそれほど磨けていないんです。
歯磨きについて
歯磨きは歯のケアの中でも一番重要です。今ではスクラッピング法といわれる歯ブラシを小刻みに振動させる磨き方が主流のようです。
歯垢と歯石
歯垢は歯の表面に付着したもので、プラークと言われています。このプラークが歯石の原因になるのです。
歯間ブラシの選び方
歯間ブラシは歯と歯の隙間の歯垢や汚れを落とすために使いますが、自分にぴったりのサイズを選ばないとなかなか効果が出にくくなります。
歯間ブラシの種類
歯間ブラシにもいろいろありますが、歯ブラシと同じで「自分にあった歯間ブラシ」を使うことが前提です。
歯間ブラシとは
歯間ブラシは、歯ブラシではどうしても落としきれない歯間や、歯と歯肉の間の汚れを落としてくれるデンタルケアに欠かせない用品です。