歯間ブラシ

歯ブラシだけでの歯磨きではどうしても歯垢が残ってしまいます。そこで今はデンタルフロスと同じように歯間ブラシを使って歯ブラシでは届きにくい場所を掃除してくれる補助器具があります。

 

歯間ブラシは歯科でも勧められるほど虫歯や歯周病には効果があります。歯ブラシのほかに歯間ブラシを使う事で95%のプラークを除去できることがわかっています。

 

人の歯並びには特徴があります。どうしても歯ブラシでは届かない場所では歯間ブラシを使うとすっきりするでしょう。

 

歯間ブラシはワイヤーの周囲に柔らかい毛が取り付けてあり、その部分を歯間または歯と歯肉間に入れてゆっくり動かして汚れをとります。

 

どちらかというとブリッジ部分の掃除に使われてる事が多いかもしれないです。ブリッジと歯肉の間をきれいに清掃していくと歯肉炎になりにくくなります。

 

歯間ブラシの交換の目安は1週間と言われています。歯ブラシと一緒で毛先が開いたり閉じたりするものは効果がうすくなるので取り替えて使いましょう。

 

毎日歯間ブラシをつかった後はきれいに洗って保存しましょう。

page top