歯間ブラシ

歯間ブラシはいくつかの種類があります。

 

小さくワイヤー部分を部位によって自由に曲げたりできるまっすぐなもの。また、奥歯を磨くためにもともと曲がっていて持ち手が長くなってるものや、ワイヤーの大きさもSからLとサイズがあります。

 

なので、自分の歯に合った歯間ブラシを選ぶことが重要です。

 

だいたい今は歯間ブラシなどは歯科などですすめられることが多く、実際に歯科で自分に合った歯間ブラシをくれる所まであります。

 

たくさんの種類があって自分にあったものがどれか分からない場合は歯科に相談してみるといいでしょう。

 

はじめは歯間ブラシの種類に関係なく歯茎から若干の血がでる場合があります。

 

その場合は歯間ブラシがあってるかどうかというよりも歯茎が弱っていてちょっとした刺激で血が出てる事がほとんどです。そのまま磨いていくうちに歯茎が強くなることもあります。

 

しかし磨いても血が出続ける場合は歯間ブラシの種類が自分にあってない場合なので気をつけましょう。

 

また歯茎が健康を取り戻して引き締まると歯の隙間が大きく開く場合があります。そうすると歯間ブラシのサイズを変えた方がいい場合もあります。その場合も歯科でよく相談してください。

page top