歯間ブラシ

歯と歯の間の汚れを落とすための補助清掃道具はまだ自分にあったものが分からずどうしても買うことに躊躇が生まれる場合があります。

 

かといって部位や自分の歯に合わせたものをたくさん持っているとそれだけで使うものがたくさんでめんどくさくなってしまいます。

 

なのでなるべく歯間ブラシなどの補助清掃器具は少ない方がいいようです。

 

歯間ブラシの選び方としては歯と歯の間の隙間や部位によって選ぶことが重要です。

 

中には入ると思って入らなかったりして歯間ブラシを無理やり歯の間に入れようとする人もいます。そういった場合は歯茎を傷つけますので、無理に挿入しようとしないでサイズダウンをお勧めします。

 

歯間ブラシの選び方として、まず歯肉炎の予防や狭い歯間部の歯肉腫張部位などは歯間ブラシのサイズをsssかssくらいにしましょう。

 

若い人などは特に小さいサイズの歯間ブラシを選ぶ方がいいです。また、軽度の歯肉退縮部位や歯列不正部位などはsサイズを選ぶといいでしょう。

 

ブリッジの周辺などはMサイズ、広い隙間があいてしまった人や歯が露出してしまってるくらいの人はLサイズがいいと思います。

 

かなりの広い隙間ができてしまってる人や孤立歯の周辺などは、LLサイズまで今はありますのでそちらを選ぶといいでしょう。

 

歯の健康は自分での毎日のケアで決まります。これから歯間ブラシは手放せなくなるでしょう。

関連ページ

虫歯治療について
虫歯治療は段階に応じていくつかの種類があります。現在の虫歯治療では歯を抜くことはありません。ただ、ひどい虫歯になると抜くこともあるようです。
虫歯になりやすい人
ブラッシングしているの虫歯になりやすい原因の一つに歯並びの悪さがあります。そういった方は、歯並びやかみ合わせの治療が必要です。
電動歯ブラシについて
電動歯ブラシは手軽に歯磨きができますが、磨き残しは必ずあるので気をつけましょう。
電子イオン歯ブラシ
電子イオン歯ブラシは、イオンの力で歯のプラークをはがす歯ブラシです。
通販で買う歯ブラシ
歯ブラシも通販で購入するのが一般的になってきました。楽天市場の歯ブラシも人気です。
超音波電動歯ブラシウルティマ
ウルティマは超音波で歯垢や細菌を除去してくれる超音波歯ブラシです。
歯磨き粉について
歯磨き粉は爽快感があって歯をよく磨けている気がしますが、実際はそれほど磨けていないんです。
歯磨きについて
歯磨きは歯のケアの中でも一番重要です。今ではスクラッピング法といわれる歯ブラシを小刻みに振動させる磨き方が主流のようです。
歯垢と歯石
歯垢は歯の表面に付着したもので、プラークと言われています。このプラークが歯石の原因になるのです。
歯間ブラシの種類
歯間ブラシにもいろいろありますが、歯ブラシと同じで「自分にあった歯間ブラシ」を使うことが前提です。
歯間ブラシとは
歯間ブラシは、歯ブラシではどうしても落としきれない歯間や、歯と歯肉の間の汚れを落としてくれるデンタルケアに欠かせない用品です。
歯ブラシの選び方
デンタルケアの基本は歯磨き。その歯磨きも自分にあった歯ブラシで磨かないと効果が半減してしまいます。