歯間ブラシ

歯と歯の間の汚れを落とすための補助清掃道具はまだ自分にあったものが分からずどうしても買うことに躊躇が生まれる場合があります。

 

かといって部位や自分の歯に合わせたものをたくさん持っているとそれだけで使うものがたくさんでめんどくさくなってしまいます。

 

なのでなるべく歯間ブラシなどの補助清掃器具は少ない方がいいようです。

 

歯間ブラシの選び方としては歯と歯の間の隙間や部位によって選ぶことが重要です。

 

中には入ると思って入らなかったりして歯間ブラシを無理やり歯の間に入れようとする人もいます。そういった場合は歯茎を傷つけますので、無理に挿入しようとしないでサイズダウンをお勧めします。

 

歯間ブラシの選び方として、まず歯肉炎の予防や狭い歯間部の歯肉腫張部位などは歯間ブラシのサイズをsssかssくらいにしましょう。

 

若い人などは特に小さいサイズの歯間ブラシを選ぶ方がいいです。また、軽度の歯肉退縮部位や歯列不正部位などはsサイズを選ぶといいでしょう。

 

ブリッジの周辺などはMサイズ、広い隙間があいてしまった人や歯が露出してしまってるくらいの人はLサイズがいいと思います。

 

かなりの広い隙間ができてしまってる人や孤立歯の周辺などは、LLサイズまで今はありますのでそちらを選ぶといいでしょう。

 

歯の健康は自分での毎日のケアで決まります。これから歯間ブラシは手放せなくなるでしょう。

page top