歯垢 歯石

歯垢とは歯の表面に付着する白いまたは黄色い粘着物を指します。

 

ほかにも歯屎、歯滓、また一般的にはプラークと呼ばれることも多いです。歯科ではデンタルプラークと呼ばれています。

 

歯垢は歯に残った食べかすに細菌が繁殖してつくものです。

 

ブラッシングである程度とれますが、それでもとれないものも多くあります。そこに細菌が更に繁殖して長期間経過すると歯石とよばれるものになります。

 

歯石は、唾液中のカルシウムを歯垢が吸収することでなるものです。だいたい歯垢を2日間ほっておくと歯石に変わるといわれています。

 

歯垢や歯石をほっておくとどうなるかというと、だいたいが虫歯に変わります。その他には歯周病や口臭の原因となります。

 

歯石になるとブラッシングやデンタルフロスなどの歯のケアではとれません。歯科で歯石をしっかりとってもらう必要があります。

 

しかし実際に歯の黄色い人が歯垢がたまってるというとそうでなく、目に見えないものも歯垢ではあるのできちんとした歯のケアを心がけましょう。

page top