歯垢 歯石

歯垢とは歯の表面に付着する白いまたは黄色い粘着物を指します。

 

ほかにも歯屎、歯滓、また一般的にはプラークと呼ばれることも多いです。歯科ではデンタルプラークと呼ばれています。

 

歯垢は歯に残った食べかすに細菌が繁殖してつくものです。

 

ブラッシングである程度とれますが、それでもとれないものも多くあります。そこに細菌が更に繁殖して長期間経過すると歯石とよばれるものになります。

 

歯石は、唾液中のカルシウムを歯垢が吸収することでなるものです。だいたい歯垢を2日間ほっておくと歯石に変わるといわれています。

 

歯垢や歯石をほっておくとどうなるかというと、だいたいが虫歯に変わります。その他には歯周病や口臭の原因となります。

 

歯石になるとブラッシングやデンタルフロスなどの歯のケアではとれません。歯科で歯石をしっかりとってもらう必要があります。

 

しかし実際に歯の黄色い人が歯垢がたまってるというとそうでなく、目に見えないものも歯垢ではあるのできちんとした歯のケアを心がけましょう。

関連ページ

虫歯治療について
虫歯治療は段階に応じていくつかの種類があります。現在の虫歯治療では歯を抜くことはありません。ただ、ひどい虫歯になると抜くこともあるようです。
虫歯になりやすい人
ブラッシングしているの虫歯になりやすい原因の一つに歯並びの悪さがあります。そういった方は、歯並びやかみ合わせの治療が必要です。
電動歯ブラシについて
電動歯ブラシは手軽に歯磨きができますが、磨き残しは必ずあるので気をつけましょう。
電子イオン歯ブラシ
電子イオン歯ブラシは、イオンの力で歯のプラークをはがす歯ブラシです。
通販で買う歯ブラシ
歯ブラシも通販で購入するのが一般的になってきました。楽天市場の歯ブラシも人気です。
超音波電動歯ブラシウルティマ
ウルティマは超音波で歯垢や細菌を除去してくれる超音波歯ブラシです。
歯磨き粉について
歯磨き粉は爽快感があって歯をよく磨けている気がしますが、実際はそれほど磨けていないんです。
歯磨きについて
歯磨きは歯のケアの中でも一番重要です。今ではスクラッピング法といわれる歯ブラシを小刻みに振動させる磨き方が主流のようです。
歯間ブラシの選び方
歯間ブラシは歯と歯の隙間の歯垢や汚れを落とすために使いますが、自分にぴったりのサイズを選ばないとなかなか効果が出にくくなります。
歯間ブラシの種類
歯間ブラシにもいろいろありますが、歯ブラシと同じで「自分にあった歯間ブラシ」を使うことが前提です。
歯間ブラシとは
歯間ブラシは、歯ブラシではどうしても落としきれない歯間や、歯と歯肉の間の汚れを落としてくれるデンタルケアに欠かせない用品です。
歯ブラシの選び方
デンタルケアの基本は歯磨き。その歯磨きも自分にあった歯ブラシで磨かないと効果が半減してしまいます。