歯磨き

歯磨きは一番の歯のケアです。

 

歯磨きの仕方をいい加減にするとすぐに虫歯になったり、歯周病になったりします。なので歯磨きは小さいうちから習慣としてきちんと磨くことを心がけたいものです。

 

3歳児検診などで歯のチェックをしてもらいますが、その時に正しい歯の磨き方やどんなもので虫歯になるかなどを詳しく教えてくれます。

 

そういった場所から学ぶことももちろんですが、歯科で液体を使って磨き残しがないか確認してもらって歯磨きの方法を教えてもらった方がいいです。

 

一般的な歯磨きの仕方はバス法と呼ばれるもので今はスクラッピング法と呼ばれるものも推奨されています。

 

バス法は歯と歯茎の境界線に斜めに歯ブラシを当てて左右に振動させます。歯茎のマッサージの効果が高いのが特徴です。

 

またスクラッピング法は歯ブラシを小刻みに振動させてする磨き方です。歯茎を傷めず、また細かく歯磨きができるのでよく紹介されるようになりました。

 

小さい時から歯磨きがしっかりしてる人は大人になっても虫歯一本なく過ごす事ができます。歯の奇麗な人は第一印象もいいので、体の中でも大切な部分になってきています。

page top