歯磨き粉

ほとんどの人は歯磨きに歯磨き粉を使用してると思います。しかしここ最近ではこの歯磨き粉に対する考え方も大きく変わってきています。

 

歯磨き粉に入ってる成分は思ったよりたくさんあります。その中でも研磨剤、発泡剤、香味料は有名です。

 

研磨剤は歯のエナメル質を削って歯を白くしています。その為に研磨剤の入った歯磨き粉で長時間ブラッシングすると歯がかけて虫歯の原因になることもわかっています。

 

また今はミントなどの爽快感を表すものが多く入ってます。そのために、それほど歯磨きをしていないのに歯磨きをしているという錯覚を起こすことが多いようです。

 

昔の人は炭や塩を歯にして歯磨きをしていました。塩は歯茎を引き締める効果もあり、炭は消臭効果もあります。

 

歯磨き粉全般がよくないわけではないですが、あまりたくさんの歯磨き粉を使って歯磨きをすることを今は歯科もすすめていません。

 

自分の歯をケアするには歯磨き粉だけに頼らない方がいいということなのです。

関連ページ

虫歯治療について
虫歯治療は段階に応じていくつかの種類があります。現在の虫歯治療では歯を抜くことはありません。ただ、ひどい虫歯になると抜くこともあるようです。
虫歯になりやすい人
ブラッシングしているの虫歯になりやすい原因の一つに歯並びの悪さがあります。そういった方は、歯並びやかみ合わせの治療が必要です。
電動歯ブラシについて
電動歯ブラシは手軽に歯磨きができますが、磨き残しは必ずあるので気をつけましょう。
電子イオン歯ブラシ
電子イオン歯ブラシは、イオンの力で歯のプラークをはがす歯ブラシです。
通販で買う歯ブラシ
歯ブラシも通販で購入するのが一般的になってきました。楽天市場の歯ブラシも人気です。
超音波電動歯ブラシウルティマ
ウルティマは超音波で歯垢や細菌を除去してくれる超音波歯ブラシです。
歯磨きについて
歯磨きは歯のケアの中でも一番重要です。今ではスクラッピング法といわれる歯ブラシを小刻みに振動させる磨き方が主流のようです。
歯垢と歯石
歯垢は歯の表面に付着したもので、プラークと言われています。このプラークが歯石の原因になるのです。
歯間ブラシの選び方
歯間ブラシは歯と歯の隙間の歯垢や汚れを落とすために使いますが、自分にぴったりのサイズを選ばないとなかなか効果が出にくくなります。
歯間ブラシの種類
歯間ブラシにもいろいろありますが、歯ブラシと同じで「自分にあった歯間ブラシ」を使うことが前提です。
歯間ブラシとは
歯間ブラシは、歯ブラシではどうしても落としきれない歯間や、歯と歯肉の間の汚れを落としてくれるデンタルケアに欠かせない用品です。
歯ブラシの選び方
デンタルケアの基本は歯磨き。その歯磨きも自分にあった歯ブラシで磨かないと効果が半減してしまいます。