電動歯ブラシ

電動歯ブラシはとても使いやすく、手動で歯を磨いているときよりもちゃんと磨けてる気がします。

 

価格は100円という安価のものから1万円するものまでありますが、高ければ機能がいいのかというとそうでもなく、安くてもいいものもあります。機能をみて買っていくことがいいでしょう。

 

電動歯ブラシの中には振動で歯を磨くものと超音波で磨くものとあります。

 

電動歯ブラシのメリットは簡単に手軽に歯磨きができること、手が疲れない、手動では磨けないところもしっかり磨ける、障害のある人やお年寄りの人にやさしいなどがあります。

 

電動歯ブラシのデメリットは、電動歯ブラシは重いこと、値段が高いことや充電や電池のめんどくささや歯や歯茎を傷つけないか不安になることがあるなどです。

 

結果からいうと、電動歯ブラシでも手動歯ブラシでも磨き残しはあります。そのため、完全に磨き残しをなくすには他のデンタルフロスなどで併用してやらないとなかなかむずかしいものがあります。

 

なので時間のない人などにはいいかもしれません。ただ電動歯ブラシのみで安心はしないでほしいということです。

関連ページ

虫歯治療について
虫歯治療は段階に応じていくつかの種類があります。現在の虫歯治療では歯を抜くことはありません。ただ、ひどい虫歯になると抜くこともあるようです。
虫歯になりやすい人
ブラッシングしているの虫歯になりやすい原因の一つに歯並びの悪さがあります。そういった方は、歯並びやかみ合わせの治療が必要です。
電子イオン歯ブラシ
電子イオン歯ブラシは、イオンの力で歯のプラークをはがす歯ブラシです。
通販で買う歯ブラシ
歯ブラシも通販で購入するのが一般的になってきました。楽天市場の歯ブラシも人気です。
超音波電動歯ブラシウルティマ
ウルティマは超音波で歯垢や細菌を除去してくれる超音波歯ブラシです。
歯磨き粉について
歯磨き粉は爽快感があって歯をよく磨けている気がしますが、実際はそれほど磨けていないんです。
歯磨きについて
歯磨きは歯のケアの中でも一番重要です。今ではスクラッピング法といわれる歯ブラシを小刻みに振動させる磨き方が主流のようです。
歯垢と歯石
歯垢は歯の表面に付着したもので、プラークと言われています。このプラークが歯石の原因になるのです。
歯間ブラシの選び方
歯間ブラシは歯と歯の隙間の歯垢や汚れを落とすために使いますが、自分にぴったりのサイズを選ばないとなかなか効果が出にくくなります。
歯間ブラシの種類
歯間ブラシにもいろいろありますが、歯ブラシと同じで「自分にあった歯間ブラシ」を使うことが前提です。
歯間ブラシとは
歯間ブラシは、歯ブラシではどうしても落としきれない歯間や、歯と歯肉の間の汚れを落としてくれるデンタルケアに欠かせない用品です。
歯ブラシの選び方
デンタルケアの基本は歯磨き。その歯磨きも自分にあった歯ブラシで磨かないと効果が半減してしまいます。