虫歯

歯磨きをきっちりしてるのに虫歯になりやすいという人いませんか?

 

もちろん歯石をこまめに取ってる、フッ素をきちんと塗ってるという人にはそういった症状みられることは少ないかもしれませんが、割と毎日3回歯ブラシできっちり磨いているのに虫歯になりやすい人の原因をお話します。

 

ほとんどの場合、歯並びの悪い人が虫歯になりやすいようです。論理は簡単で、どうしても歯並びが悪いと磨き残しが多くなったりします。

 

その為にデンタルフロスなどを使ってプラークを取り除くのですが、それでも完璧に取り除くことができにくいのでどうしても虫歯になってしまいます。

 

そういった人はまず歯並びや噛み合わせをまず歯科で診てもらい、治療してもらうといいでしょう。

 

完璧に歯並びをよくしなくてもある程度歯並びが治ると虫歯になりにくくなります。
噛み合わせが悪い人はどうしてもはぎしりなどの癖がありますが、それも大きな虫歯の原因になります。

 

そして意外なのが、肩こりや頭痛持ちの人は虫歯になりやすいようです。原因はよくわかりませんが、パソコン仕事の人は虫歯になりやすい傾向になってしまうようです。

 

他にも食生活が洋食よりだと虫歯になりやすい傾向にあります。日本食にはプラークを分解する働きのある食べ物が多いです。食生活の改善からも虫歯になりにくくなるようです。

関連ページ

虫歯治療について
虫歯治療は段階に応じていくつかの種類があります。現在の虫歯治療では歯を抜くことはありません。ただ、ひどい虫歯になると抜くこともあるようです。
電動歯ブラシについて
電動歯ブラシは手軽に歯磨きができますが、磨き残しは必ずあるので気をつけましょう。
電子イオン歯ブラシ
電子イオン歯ブラシは、イオンの力で歯のプラークをはがす歯ブラシです。
通販で買う歯ブラシ
歯ブラシも通販で購入するのが一般的になってきました。楽天市場の歯ブラシも人気です。
超音波電動歯ブラシウルティマ
ウルティマは超音波で歯垢や細菌を除去してくれる超音波歯ブラシです。
歯磨き粉について
歯磨き粉は爽快感があって歯をよく磨けている気がしますが、実際はそれほど磨けていないんです。
歯磨きについて
歯磨きは歯のケアの中でも一番重要です。今ではスクラッピング法といわれる歯ブラシを小刻みに振動させる磨き方が主流のようです。
歯垢と歯石
歯垢は歯の表面に付着したもので、プラークと言われています。このプラークが歯石の原因になるのです。
歯間ブラシの選び方
歯間ブラシは歯と歯の隙間の歯垢や汚れを落とすために使いますが、自分にぴったりのサイズを選ばないとなかなか効果が出にくくなります。
歯間ブラシの種類
歯間ブラシにもいろいろありますが、歯ブラシと同じで「自分にあった歯間ブラシ」を使うことが前提です。
歯間ブラシとは
歯間ブラシは、歯ブラシではどうしても落としきれない歯間や、歯と歯肉の間の汚れを落としてくれるデンタルケアに欠かせない用品です。
歯ブラシの選び方
デンタルケアの基本は歯磨き。その歯磨きも自分にあった歯ブラシで磨かないと効果が半減してしまいます。