虫歯治療

虫歯治療も昔と違い大きく変わってきました。大きな虫歯になるとすぐに抜いてしまったりしていましたが、歯は抜いてしまうとかみ合わせに大きな障害をもたらします。

 

そのことのケアをできずに噛み癖がおかしくなる人も多くでていたのが現状でしょう。

 

しかし現在の歯科では少しでも大丈夫な歯は残して治療するというスタンスで挑んでくれます。中には土台も腐ってるようなひどい状態で来る人もいますからどうしても抜かなければならないものもあるかもしれません。

 

そうなった時にその後のケアをめんどくさがらずにきちんとしてかみ合わせをよくしていくことをお勧めします。

 

虫歯の治療では大きく分けて3つあります。

 

小さな虫歯は削って殺菌し、樹脂で穴をふさぎます。早期に発見すれば簡単に治療が終わることを覚えておいてください。

 

中度になると虫歯を削り歯の殺菌をするのにも幾度かかかります。そうして上から虫歯に収まるものを作ってふさぎます。材料は金属や樹脂などです。度合にもよりますが、金属の場合は俗に言う「銀歯」とよばれる状態になります。

 

大きな虫歯や深い虫歯などはかなりの大きなかぶせ物をしないといけません。その歯の根っこと呼ばれる神経を取ったり、中を殺菌したりと手間はかなりの時間を要します。さらに治療に麻酔を使ったりと結構な費用も投じます。

 

いずれにせよ年間というスパンで物事をみても普段から歯のケアや虫歯の有無の診療は受けた方がいいようです。

 

大人になるとそういった検査の機会はぐっと減りますので自分で注意する必要があります。意外に自分の歯が健康でないか健康かはっきりとわかると思います。

page top